一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)西ナイルウイルス活性-アメリカ,2003年8月21・・・

MMWR抄訳

rss

2003/08/29Vol. 52 / No. 34

MMWR52(34) : 821-822
West Nile Virus Activity - United States, August 21-27, 2003

西ナイルウイルス活性-アメリカ,2003年8月21日~27日

2003年8月27日午前3:00(Mountain Daylight Time)現在、CDCに報告された西ナイルウイルス(WNV)サーベイランスデータの概要を示す。アメリカでは2003年8月21-27日に26州(アラバマ、アリゾナ、アーカンソー、コロラド、コネチカット、ジョージア、イリノイ、アイオワ、カンサス、メリーランド、ミネソタ、ミシシッピ、ミズーリ、モンタナ、ネブラスカ、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク、ノースダコタ、オハイオ、オクラホマ、ペンシルベニア、サウスダコタ、テネシー、テキサス、ワイオミング)でWNV感染例727例が報告され、うち7例が死亡した。同時期、死亡鳥類817羽、ウマ207頭、未確認動物種5匹、蚊683プールでWNV感染が報告された。2003年のWNV感染例は計1,442例で、コロラド州(635例)、サウスダコタ州(204例)、ネブラスカ州(190例)、テキサス州(106例)、ニューメキシコ州(41例)、ワイオミング州(31例)、ルイジアナ州(30例)、ノースダコタ州(28例)、ペンシルベニア(27例)、ミシシッピ州(20例)、モンタナ州(19例)、アラバマ州(14例)、カンサス州(14例)、ミネソタ州(13例)、オクラホマ州(12例)、アイオワ州(11例)、オハイオ州(11例)、アーカンソー州(5例)、フロリダ州(4例)、ジョージア州(3例)、ケンタッキー州(3例)、テネシー州(3例)、イリノイ州(2例)、メリーランド州(2例)、ミズーリ州(2例)、ニュージャージー州(2例)、ノースカロライナ州(2例)、バージニア州(2例)、アリゾナ州(1例)、コネチカット州(1例)、マサチューセッツ州(1例)、ニューヨーク州(1例)、サウスカロライナ州(1例)、ウイスコンシン州(1例)において報告されている。人口統計学的データが得られた750例(52%)中419例(56%)は男性で、年齢中央値は48歳(3ヶ月-97歳)、発症日は3月28日-8月25日であり、うち21例が死亡した。また推定WNV血症献血者は150例(10州)報告されており、うち11例でWNV熱の発現がみられた。さらに39州とニューヨーク市で死亡鳥類4,222羽、32州でウマ910頭、その他イヌ4匹、リス1匹、未確認動物種10匹、32州とニューヨーク市で蚊2,642プールにおけるWNV感染が報告されている。

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ