一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)病院救急診療部で治療を受けた60歳以上の高齢者にお・・・

MMWR抄訳

rss

2003/08/29Vol. 52 / No. 34

MMWR52(34) : 812-816
Nonfatal Physical Assault-Related Injuries Among Persons Aged 60 Years Treated in Hospital Emergency Departments - United States, 2001

病院救急診療部で治療を受けた60歳以上の高齢者における非致死性身体的暴行による負傷-アメリカ,2001年

高齢者における身体的暴行による重度負傷の特徴を検討するため、CDCはNational Electronic Injury Surveillance System-All Injury Program(NEISS-AIP)のデータを分析した。2001年に非致死性暴行による負傷のため病院救急診療部(ED)で治療を受けた患者のうち、60歳以上は33,026例(71.8/10万人)、20-59歳は1,154,579例(754.6/10万人)であった。60歳以上の患者の内訳は60-69歳が21,309例(65%)、70-79歳が7,064例(21%)、80歳以上が4,653例(14%)で、60-69歳の年齢群が他の年齢群より2倍以上多かった。これら患者のうち55.4%は男性で、暴行を受けた場所は家(25.9%)と公共区域(27.5%)がほぼ同率であった。負傷の種類は打撲傷/擦過傷(31.9%)、裂傷(21.1%)、骨折(12.7%)などが多く、主に殴打が原因であった。60歳以上の暴行被害者は20-59歳の患者と比較して女性(43.4%対39.1%)、骨折(12.7%対9.8%)が多く、入院率も高かった(8.3%対6.4%)。NEISS-AIPデータは高齢者における非致死性身体的暴行による負傷の理解を深めることができ、予防戦略の開発と評価に有用である。高齢者の負傷は虐待の身体的兆候であるため、EDは虐待の確認に重要である。今後高齢者の増加に伴い暴行による負傷発生数も増加すると思われるため、医療従事者は注意する必要がある。

References

  • CDC. Overview: surveillance for selected public health indicators affecting older adults-United States. In: CDC Surveillance Summaries (December 17). MMWR 1999;48(No. SS-8).
  • CDC. National estimates of nonfatal injuries treated in hospital emergency departments, United States, 2000. MMWR 2001;50:340-6.
  • U.S. Consumer Product Safety Commission. NEISS Coding Manual 2000. Washington, DC: U.S. Consumer Product Safety Commission, 2000.
  • Kessler E, Schroeder T. The NEISS Sample: Design and Implementation. Washington, DC: U.S. Consumer Product Safety Commission, 2000.
  • Krug EG, Dahlberg LL, Mercy JA, Zwi AB, Lozano R, eds. World Report on Violence and Health. Geneva, Switzerland: World Health Organization, 2002.
  • U.S. Department of Health and Human Services. Administration for Children and Administration on Aging: The National Elder Maltreatment Incidence Study-Final Report. Washington, DC: U.S. Department of Health and Human Services, 1998. Available at <http://www.aoa.dhhs.gov/abuse/report/cexecsum-03.htm>.
  • Klaus PA. Crimes Against Persons Age 65 or Older, 1992-97. Washington, DC: U.S. Department of Justice, 2000 (NCJ-176352). Available at <http://www.ojp.usdoj.gov/bjs/pub/pdf/cpa6597.pdf>.
  • Lachs MS, Williams CS, Hurst L, Kossack A, Siegal A, Tinetti ME. ED use by older victims of family violence. Ann Emerg Med 1997;30:448-54.
  • Jones JS, Veenstra TR, Seamon JP, Khromer J. Elder mistreatment: national survey of emergency physicians. Ann Emerg Med 1997;30:473-9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ