一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)家族集会後のダニ媒介性回帰熱のアウトブレイク-ニュ・・・

MMWR抄訳

rss

2003/08/29Vol. 52 / No. 34

MMWR52(34) : 810-812
Tickborne Relapsing Fever Outbreak After a Family Gathering - New Mexico, August 2002

家族集会後のダニ媒介性回帰熱のアウトブレイク-ニューメキシコ,2002年8月

2002年8月2日、New Mexico Department of Health(NMDOH)とIndian Health Service(IHS)は、7月下旬ニューメキシコ北部山岳地方の無人小屋で開かれたある家族集会後に大発生したダニ媒介性回帰熱(TBRF)について報告を受けた。家族集会には約40名が出席し、少なくとも半数がその小屋で一泊した。発端者とその家族は小屋の清掃のため集会3日前に到着した。集会から4日後、発端者は2日間持続する発熱、悪寒、筋肉痛、前腕の掻痒性皮疹を主訴として病院を受診した。患者の末梢血液中にスピロヘータが確認されたためTBRFと診断、即座に疫学的調査が開始された。出席者40名中14名(36%)が発熱とともに悪寒、発汗、頭痛、筋肉痛、関節痛、皮疹、マダニの咬傷などの症状を1つ以上報告し、末梢血塗抹検査や血液培養の結果、11名[年齢中央値51歳(4-80歳)、女性8例(73%)]がボレリア症と確認された。潜伏期間中央値は5(3-7)日間で、6例(55%)に38.0℃の発熱、8例(73%)に頭痛、7例(64%)に関節痛および/または筋肉痛、4例(36%)に皮疹が発現した。IHSとNMDOHは小屋とその周囲の調査を行い、小屋の中でげっ歯類の巣などを発見した。その後のCDCの調査でBorrelia hermsiiを有するげっ歯類に寄生したマダニが感染源であると確認された。TBRFの罹病率低下には、迅速な診断と医師および公衆衛生局との協力が必要である。またTBRFが風土病である地域の住民は、げっ歯類が群生する、またはその可能性のある建物での睡眠は避け、げっ歯類の隠れ場所となる建物の燻蒸消毒を考慮すべきである。

References

  • Dworkin MS, Anderson DE Jr, Schwann TG, et al. Tick-borne relapsing fever in the northwestern United States and southwestern Canada. Clin Infect Dis 1998;26:122-31.
  • Trevejo RT, Schriefer ME, Gage KL, et al. An interstate outbreak of tick-borne relapsing fever among vacationers at a Rocky Mountain cabin. Am J Trop Med Hyg 1998;58:743-7.
  • Boyer KM, Munford RS, Maupin GO, et al. Tick-borne relapsing fever: an interstate outbreak originating at Grand Canyon National Park. Am J Epidemiol 1977;105:469-79.
  • Barbour AG. Relapsing fever and other Borrelia infections. In: Guerrant RL, Walker DH, Weller PF, eds. Tropical Infectious Diseases: Principles, Pathogens, and Practice, 1st ed. Philadelphia, Pennsylvania: Churchill Livingstone, 1999.
  • Dennis DT, Campbell GL. Relapsing fever. In: Harrison's Principles of Internal Medicine, 14th ed. New York, New York: McGraw-Hill, 1998.
  • Rich SM, Sawyer SA, Barbour AG. Antigen polymorphism in Borrelia hermsii, a clonal pathogenic bacterium. Proc Natl Acad Sci U S A 2001;98:15038-43.
  • Paul WS, Maupin G, Scott-Wright AO, Craven RB, Dennis DT. Outbreak of tick-borne relapsing fever at the north rim of the Grand Canyon: evidence of effectiveness of preventive measures. Am J Trop Med Hyg 2002;66:71-5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ