一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)成人における日常生活活動を含む身体活動の実施率-ア・・・

MMWR抄訳

rss

2003/08/15Vol. 52 / No. 32

MMWR52(32) : 764-769
Prevalence of Physical Activity, Including Lifestyle Activities Among Adults - United States, 2000-2001

成人における日常生活活動を含む身体活動の実施率-アメリカ,2000~2001年

定期的な身体活動は肥満、心疾患、高血圧、糖尿病、結腸癌などの予防に役立つ。余暇時間中の身体活動を評価する2000年Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)質問票と、新たに開発された家庭内、移動中、余暇時間中の身体活動を評価する2001年BRFSS質問票を紹介し、2000年BRFSS(n=180,244;回答率48.9%)と2001年BRFSS(n=205,140;回答率51.1%)より得られた推奨身体活動実施率の分析結果を示す。推奨身体活動は、2000年BRFSSでは余暇時間中にvigorous-intensity活動(代謝当量60%VO2max以上)を1日20分・週3日以上またはそれ以外の身体活動(moderate-intensity)を1日30分・週5日以上、2001年BRFSSでは家庭内、移動中、余暇時間中にvigorous-intensity活動(ランニング、エアロビクスなど)を1日20分・週3日以上またはmoderate-intensity活動(掃除、ガーデニング、ウォーキングなど)を1日30分・週5日以上とした。推奨身体活動実施率は2000年26.2%、2001年45.4%であり、運動不足率はそれぞれ27.4%、26%であった。2001年の推奨身体活動の州別実施率は8.9-5.8%であった。また2000年と2001年の州別運動不足率は同程度であり、絶対値の差は0.1-12%であった。以上より、多くのアメリカ成人は健康を増進できるレベルの定期的な身体活動を行っていないことが示唆された。

References

  • CDC. Physical activity and health: report of the Surgeon General. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 1996.
  • U.S. Department of Health and Human Services. The 1990 health objectives for the nation: a midcourse review. U.S. Department of Health and Human Services, Public Health Service, Office of Disease Prevention and Health Promotion, 1986.
  • Pate RR, Pratt M, Blair SN, et al. Physical activity and public health: a recommendation from the Centers for Disease Control and Prevention and the American College of Sports Medicine. JAMA 1995;273:402-7.
  • Ainsworth BE, Haskell WL, Leon AS, et al. Compendium of physical activities: classification of energy costs of human physical activities. Med Sci Sports Exerc 1993;25:71-80.
  • CDC. Physical activity trends-United States, 1990-1998. MMWR 2001;50:166-9.
  • CDC. 2001 BRFSS summary data quality report. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 2002.
  • CDC. 2000 BRFSS summary data quality report. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 2001.
  • Nelson DE, Holtzman D, Bolen J, et al. Reliability and validity of measures from the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS). Soz Praventivmed 2001;46:S3-42.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ