一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)胎児アルコール症候群-南アフリカ,2001年

MMWR抄訳

rss

2003/07/18Vol. 52 / No. 28

MMWR52(28) : 660-662
Fetal Alcohol Syndrome - South Africa, 2001

胎児アルコール症候群-南アフリカ,2001年

胎児アルコール症候群(FAS)は妊娠中の母親のアルコール摂取により発生する予防可能な出生時欠損・発育障害の1つである。アメリカにおけるFAS有病率は生産児1,000人あたり0.3-1.5人である。National Institutes of Alcoholism and Alcohol Abuse(NIAAA)は、南アフリカWestern Capeのあるワイン生産地域における小児(5-9歳)1,000人あたりのFAS有病率が40.5-46.4人と世界最高であることを報告した。FAS高有病率がWestern Capeのワイン生産地域に限定されたものかどうか検討するため、CDCはUniversity of WitwatersrandおよびFoundation for Alcohol Related Researchとともに、南アフリカのヨハネスバーグ近郊Gauteng地方でのFAS有病率について調査した。Gauteng地方4地域にある小学校19校の1年生830名(5-10歳)を対象とし、発育遅延についてスクリーニングした結果、306例(37%)が陽性(身長、体重、頭囲が10パーセンタイル以下)であった。うち275例(90%)についてFAS評価を行い、21例がFAS(16例)あるいはdeferred FAS(5例)と診断した。これら4地域における小学1年生のFAS有病率中央値は小児1,000人あたり19(0-37.5)人であり、FAS+deferred FAS有病率中央値では小児1,000人あたり26.5(11.8-41.7)人であった。以上、FASはワイン生産地域だけでなくヨハネスバーグ近郊でも有病率が高く、南アフリカにおける重大な健康問題であることが確認された。南アフリカは財源が限られており、HIV/AIDS、結核、性感染症など多くの健康上の問題があるため、女性に対する出生前アルコール曝露予防活動やFAS小児に対する介入プログラムはほとんど存在していない。今回実施したFASのスクリーニングおよび患者同定法はハイリスク地域の確認に有用である。

References

  • Institute of Medicine. Fetal alcohol syndrome: diagnosis, epidemiology, prevention, and treatment. Washington, DC: National Academy Press, 1996.
  • CDC. Fetal alcohol syndrome-Alaska, Arizona, Colorado, and New York, 1995-1997. MMWR 2002;51:433-5.
  • May PM, Booke L, Gossage JP, et al. Epidemiology of fetal alcohol syndrome in a South African community in the Western Cape Province. Am J Public Health 2000;90:1905-12.
  • Dibley MJ, Goldsby JB, Staehling NW, Trowbridge FL. Development of normalized curves for the international growth reference: historical and technical considerations. Am J Clin Nutr 1987;46:736-48.
  • World Health Organization Working Group. Use and interpretation of anthropometric indicators of nutritional status. Bull WHO 1986;64:929-41.
  • Greenwood Genetic Center. Growth references from conception to adulthood. Clinton, South Carolina: Jacobs Press, Inc., 1988.
  • World Health Organization Expert Committee. Physical status: the use and interpretation of anthropometry. WHO technical report series, 1995:854.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ