一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)熱関連死-イリノイ州,シカゴ,1996~2001年・・・

MMWR抄訳

rss

2003/07/07Vol. 52 / No. 26

MMWR52(26) : 610-613
Heat-Related Deaths - Chicago, Illinois, 1996-2001, and United States, 1979-1999

熱関連死-イリノイ州,シカゴ,1996~2001年,アメリカ,1979~1999年

1996-2001年にシカゴ、Cook County検死局より報告された熱関連死4例を紹介し、シカゴ(1996-2001年)と全米(1979-1999年)における熱関連死の概要、その危険因子、予防法などについて述べる。症例は、閉め切った暑い室内に1週間いた86歳女性、飲酒後の73歳女性、誤って車内に9時間放置された生後5ヶ月の女児、ヘルスクラブの蒸し風呂に入っていた35歳男性で、死因は前3例が熱射病、残る1例は高血圧性心疾患による高体温症であった。シカゴでは1990年代に2回の熱波(気温32.2℃以上の日が連続3日以上)に襲われた。1995年7月の熱波で485例が死亡し、その疫学的調査にて、熱関連死の重要な危険因子は高齢と自己管理不能であることが明らかになった。そこで1999年の熱波の際に高齢者との連絡回数を増加した結果、熱関連死は103例に減少した。1979-1999年、アメリカにおける熱関連死は8,015例で、うち3,829例(48%)は気象条件、377例(5%)は人為的要因、3,809例(48%)は非特異的要因による死亡であった。気象条件による熱関連死3,764例(98%)の死亡時年齢は、1,891例(49%)が15-64歳、1,709例(45%)が65歳以上、164例(4%)が15歳未満であった。熱関連死亡率および熱関連疾患率は非常に暑い時期に増加すると考えられる。高齢者、小児、有病者は熱関連疾患・熱関連死のリスクが高く、飲酒や暑い時期の活発な野外活動などもそのリスクを高める。熱関連死のリスクを有する場合は野外活動を避け、頻繁に水やノンアルコール飲料を摂取し、エアコンを使用すべきである。

References

  • Donoghue ER, Graham MA, Jentzen JM, Lifschultz BD, Luke JL, Mirchandani HG. National Association of Medical Examiners Ad Hoc Committee on the definition of heat-related fatalities: criteria for the diagnosis of heat-related deaths. Am J Forensic Med Pathol 1997;18:11-4.
  • Kilbourne EM. Heat waves and hot environments. In: Noji EK, ed. The Public Health Consequences of Disasters. New York, New York: Oxford University Press, 1997:245-69.
  • Kilbourne EM, Choi K, Jones TS, Thacker SB, Field Investigation Team. Risk factors for heat-stroke: a case-control study. JAMA 1982;247:3332-6.
  • Whitman S, Good G, Donoghue ER, Benbow N, Shou W, Mou S. Mortality in Chicago attributed to the July 1995 heat wave. Am J Public Health 1997;87:1515-8.
  • Semenza JC, Rubin CH, Falter KH, et al. Risk factors for heat-related mortality during the July 1995 heat wave in Chicago. N Engl J Med 1996;35:84-90.
  • Naughton MP, Henderson A, Mirabelli MC, et al. Heat-related mortality during a 1999 heat wave in Chicago. Am J Prev Med 2002;22:221-7.
  • National Center for Health Statistics. Compressed mortality file. Hyattsville, Maryland: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 2002.
  • CDC. Extreme heat. Atlanta, Georgia: U.S. Department of Health and Human Services, CDC, 1996. Available at <http://www.cdc.gov/nceh/hsb/extremeheat>.
  • Gaffen DJ. Increased summertime heat stress in the US. Nature 1998;396:529-30.
  • McGeehin MA, Mirabelli M. The potential impacts of climate variability and change on temperature-related morbidity and mortality in the United States. Environ Health Perspect 2001;109:185-90.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ