一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)汚染された牛ひき肉によるニコチン中毒-ミシガン州,・・・

MMWR抄訳

rss

2003/05/09Vol. 52 / No. 18

MMWR52(18) : 413- 416
Nicotine Poisoning After Ingestion of Contaminated Ground Beef - Michigan, 2003

汚染された牛ひき肉によるニコチン中毒-ミシガン州,2003年

2002年12月31日または2003年1月1日にミシガン州のあるスーパーマーケットで販売された牛ひき肉を食べた直後に、口内焼灼感、悪心、嘔吐、めまいなどが発現したとの苦情が4世帯18名から寄せられ、スーパーはそのひき肉(約1,700ポンド)を回収する旨をMichigan Department of Agriculture’s(MDA) Food and Diary Divisionおよびアメリカ農務省(USDA)に届け出た。ひき肉は州外の加工業者から購入しUSDA検疫済みのものであった。1月3日、販売期限が1月1および2日の牛ひき肉を回収し始め、8日に販売期限が1月3日の肉までを回収すると消費者に発表した。約120名が該当するひき肉を返品し、また本人や家族が発病したとの報告が36名からあった。10日、ひき肉のサンプルからニコチン(300mg/kg、致死量0.5-1.0mg/kgまたは30-60mg)が検出され、高濃度であることからニコチン含有殺虫剤による意図的な汚染の可能性が示唆された。さらに他のチェーン店や加工工場から発病や汚染の報告はなく、汚染源はスーパーの店内であると考えられた。中毒例は12月31日または1月1日に購入したひき肉を食べた後2時間以内に口唇や喉の焼灼感、めまい、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、発汗、視力障害、頭痛、しびれ感、疲労感、不安感、不眠、頻呼吸症、呼吸困難、頻拍、頻脈性不整脈などから1つ以上の症状を呈した症例と定義した。本人、家族または友人がひき肉を食べて発病した148名を対象とした問診では、92名[31(1-76)歳、男46女46]がこの定義に合致し、65%の症例がスーパーのある町の住民であった。2月12日、この店の従業員が200ポンドの肉を殺虫剤(Black Leaf 40;ニコチン含有量40%)で汚染した容疑で逮捕、起訴された。

References

  • Torok TJ, Tauxe RV, Wise RP, et al. A large community outbreak of salmonellosis caused by intentional contamination of restaurant salad bars. JAMA 1997;278:389-95.
  • Kolavec SA, Kimura A, Simons SL, Slutsker L, Barth S, Haley CE. An outbreak of Shigella dysenteriae type 2 among laboratory workers due to intentional food contamination. JAMA 1997;278:396-8.
  • CDC. Endrin poisoning associated with taquito ingestion-California. MMWR 1989;38:345-7.
  • CDC. Aldicarb food poisoning from contaminated melons-California. MMWR 1986;36:254-8.
  • CDC. Ingestion of cigarettes and cigarette butts by children-Rhode Island, January 1994-July 1996. MMWR 1997;46:125-8.
  • Woolf A, Burkhart K, Caraccio T, Litovitz T. Self-poisoning among adults using multiple transdermal nicotine patches. J Toxicol Clin Toxicol 1996;34:691-8.
  • Ballard T, Ehlers J, Freund E. Auslander M, Brandt V, Halperin W. Green tobacco sickness: occupational nicotine poisoning in tobacco workers. Arch Environ Health 1995;50:384-9.
  • Kosa F, Fazekas IG. Homicide and attempted homicide with nicotine solution mixed into beer. Orv Hetl.1992;113:1925-7.
  • U. S. Department of Justice. Criminal and Epidemiological Investigation Handbook. U.S. Army Soldier and Biological Chemical Command. November 2002. Available at <http://terrorism.spjc.edu/ceif.pdf.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ