一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2003年(Vol.52)海兵隊新兵におけるA群連鎖球菌性肺炎の大発生-カリ・・・

MMWR抄訳

rss

2003/02/14Vol. 52 / No. 06

MMWR52(6) : 106- 109
Outbreak of Group A Streptococcal Pneumonia Among Marine Corps Recruits - California, November 1-December 20, 2002

海兵隊新兵におけるA群連鎖球菌性肺炎の大発生-カリフォルニア,2002年11月1日~12月20日

カリフォルニア州サンディエゴのMarine Corps Recruit Depot(MCRD)において、163名が肺炎の疑いでNaval Medical Center San Diegoに入院した。レントゲン所見により新海兵隊員128名[20(18-33)歳、非ラテンアメリカ系白人110名(86%)、ラテンアメリカ系白人14名(11%)、その他4名(3%)]が肺炎と診断され、痰、血液および咽頭培養が行なわれた。全例急性呼吸器疾患(ARI)を発症し、66例(52%)は多葉性で、29例(23%)に胸水がみられ、うち5例(4%)に膿胸を認めた。検査結果より31例(24%)がA群連鎖球菌性(GAS)肺炎(確定診断例6、疑診例25)、19例がマイコプラズマ肺炎、25例がクラミジア肺炎と診断された。GAS肺炎例では咳(29例 : 94%)、発熱(20例 : 65%)、咽頭炎(19例 : 61%)、胸痛(15例 : 48%)、呼吸困難(14例 : 45%)、悪寒(9例 : 29%)、発疹(2例 : 7%)などの症状を認めた。GAS肺炎例の平均ASO力価は997 Todd単位(<25-4,800)で、非GAS肺炎例の249単位に比し有意に高値を示した。また、GAS肺炎例では膿胸発現率が高く(16% vs 0%)、入院日数も長かった(5.4 vs 2.4日)。全例セフトリアキソンとレボフロキサシンまたはアジスロマイシンを投与し、毒素性ショック症候群2例にはクリンダマイシンを追加して全例治癒に至った。この施設では新兵に対し到着日および28日後にベンザチンペニシリンを筋注、またはエリスロマイシンを経口にて予防投与した。また肺炎の大発生後、新兵4,500名に対し抗生物質を再投与した。MCRDはGAS感染症の初期兆候の特定とGASによる疾病予防のための定期的な調査を開始した。

References

  • Wallace MR, Garst PD, Papadimos TJ, Oldfield EC III. The return of acute rheumatic fever in young adults. JAMA 1989;262:2557-61.
  • Basiliere JL, Bistrong HW, Spence WF. Streptococcal pneumonia: recent outbreaks in military recruit populations. Am J Med 1968;44:580-9.
  • Brundage JF, Gunzenhauser JD, Longfield JN, et al. Epidemiology and control of acute respiratory diseases with emphasis on group A beta-hemolytic streptococcus A: a decade of U.S. Army experience. Pediatrics 1996;97:964-70.
  • Gray GC, Callahan JD, Hawksworth AW, et al. Respiratory diseases among U.S. military personnel: countering emerging threats. Emerg Infect Dis 1999;5:379-87.
  • O'Brien KL, Beall B, Barrett NL, et al. Epidemiology of invasive group A Streptococcus disease in the United States, 1995-1999. Clin Infect Dis 2002;35:268-76.
  • CDC. Active Bacterial Core Surveillance Reports, Emerging Infections Program Network, group A streptococcus. Available at <http://www.cdc.gov/ncidod/dbmd/abcs/survreports.htm>.
  • Shet A, Kaplan EL. Clinical use and interpretation of group A streptococcal antibody tests: a practical approach for the pediatrician or primary care physician. Pediatr Infect Dis J 2002;21:420-30.
  • Thacker WL, Talkington DF. Analysis of complement fixation and commercial enzyme immunoassays for detection of antibodies to Mycoplasma pneumoniae in human serum. Clin Diagn Lab Immunol 2000;7:778-80.
  • Bass JW, Longfield J, Jones R, et al. Serum levels of penicillin in basic trainees in the U.S. Army who received intramuscular penicillin G benzathine. Clin Infect Dis 1996;22:727-8.
  • Kaplan EL, Johnson BA. Unexplained reduced microbiological efficacy of intramuscular benzathine penicillin G and of oral penicillin V in eradication of group A streptococci from children with acute pharyngitis. Pediatrics 2001;108:1180-6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ