職員リレーコラム

オフィスでの甘いひととき

2020.01.22 Wed

食べ物

IMICのランチタイムは早い時間なので、私のお腹は3時には限界を迎えます。
そんな私の救世主が、おやつです。

3時のおやつ…なんと甘美な響き。今日食べるおやつを何にしようか考えるだけでわくわくしますし、仕事も頑張れます。また、お土産でお菓子をもらったら食べたことのない味に感動し、旅行の話で話題が広がり、コミュニケーション上でも一役買ってくれます。本当に偉大な存在ではありませんか。職場でおやつを食べるなんて、という考えの方もいるかとは思いますが、私はおやつのもたらす恩恵は非常に重要だと思っています。今回のコラムでは私のおやつにかける熱い思いを述べたいと思います。

まず、おやつを食べることには多くのメリットがあります。

① 糖分補給
IMICのランチタイムは11時30分からなので、私は大体12時前には昼ご飯を食べ終えています。5時に定時で帰宅したとしても家に着くのは6時過ぎになってしまいそこから夕食の準備をしても早くて7時ごろになります。そうすると昼食から夕食までの時間がどうしても長い・・・長すぎる。3時半を過ぎたあたりから辛くなってきます。かといって昼食をたくさん食べると逆に眠気と戦わないといけなくなります。そこでおやつを食べることでその問題を解消。空腹を感じずに業務に集中できるようになるのです。

② 人間関係の円滑化
仕事で助けてもらった時に「ありがとう」、残業で遅くまで頑張っているときに「お疲れ様」、などといった一言をもらうと誰でもうれしい気持ちになるのではないでしょうか。そんな一言とともに飴1つでも一緒に渡されたら、もらってうれしい言葉×おいしいお菓子を食べて幸せな気持ちの相乗効果で好感度は急上昇、やる気もアップ。最近ではお菓子のパッケージの裏にメッセージをかけるようになっているのものもありますので、一言書いて渡すのも素敵ですよね。たったそれだけのことと思うかもしれませんが、気にかけてもらえていると感じると頑張ろうという意欲がわいてくるものです。

③ 気分転換
IMICでのお仕事は基本的にデスクワークが多く、今日は一日ずっと文献を読むぞ、という日もあります。午前中は集中してできていたとしても、お昼を食べたあとは眠気と戦い、3時を過ぎるとボーっとしてきて集中力が切れてきた…なんて日もあります。そんなときはおやつを食べてリフレッシュ。ずっと同じことを続けているよりも少し休憩をはさんだほうが集中力は持続し、効率よく仕事ができるようになります。

④ 災害への備え
東京の直下型の地震はいつか必ず起こるといわれています。IMICでももちろん災害に備えて数日分の食料は確保してありますが、多いに越したことはないですよね。しかも災害発生時に慣れない食べ物を食べると余計にストレスになる可能性もありますし、非常食っておいしくない場合もあります。そんなときに食べ慣れたおやつがあれば、ほっとした気持ちになり、少しでも安心できるのではないでしょうか。備えあれば憂いなし。安心して働くためにもおやつを備えておきましょう。食べた分を補充すればストックが循環して古いものがずっとあるという事態も防ぐことができます。

いかがでしょうか。お腹すいてきませんか?
おやつ、食べたくなってきましたよね?
では早速袋を開けてお煎餅をバリバリ食べちゃいましょう!パリーん!といいたいところですが、お仕事中ですので周りの方への配慮と、重要な書類を汚さないように細心の注意を払う必要があります。オフィスでおやつを食べる際には以下の点に注意しましょう。

① 手が汚れないこと
② 散らばらないこと
③ 音がうるさくないこと
④ 匂いが強烈でないこと

では続いて、上記の条件を満たした私的オフィスで食べたいお菓子ベスト3を紹介します。

3位:チョコ

チョコは手がべたべたになるんじゃ?と思う方もいるかもしれませんが最近のチョコは個包装になっていたり、手で持っても簡単には溶けにくいようになっていたりするのでオフィスで食べるのにぴったりです。特に私が好きなのは「キットカット大人の甘さ」です。いろんな味のバリエーションの中でも群を抜いておいしいと思っていて、甘さ控えめでサクサクな食感が癖になるお味で、思わず何個も食べたくなってしまいます。半分にして食べることができるので、とりあえず今は半分食べて残りはこの文献を読んだら食べるんだ!という目標設定で頑張れますし、個包装の袋には一言メッセージを書ける欄があるのでちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

2位:飴

果物味の甘酸っぱいもの、クリーミーなお味のもの、スーッとするのど飴など味のバリエーションがいろいろあるところがいいです。特に冬場は乾燥するので飴をなめていれば風邪予防にも効果があるかもしれませんし、ビタミンCが含まれているものや、はちみつ入り、プロポリス入りなど体にもよさそうなので罪悪感なく食べられるのもいいところですね。そんな中で私の好きな飴は「いちごミルク」です。まずパッケージが可愛いのでうきうきした気持ちになりますし、甘酸っぱいイチゴ味とクリーミーなミルク味の絶妙な組み合わせが最高においしいと思っています。ミルク部分がサクサクして食感が楽しいので、最後はいつも噛んでしまいますがそこがまた良いです

1位:グミ

グミは噛みごたえもありますし手についたり散らばったりもしないので素晴らしいです。長く楽しみたいときは飴のように溶かしながら食べることもできるので、噛んで良し、舐めて良しと食べ方もマンネリ化しないところが良いですね。また、最近のグミは大体袋の口が閉じるようになっているので、食べたいときに食べたいだけ食べることができます。よく噛んで食べれば1粒でも満足感が得られます。特に私が好きなのは「果汁グミ」です。味の種類がブドウ、ミカン、モモ、イチゴなどがありどれも果物を食べているようなジューシーさでとっても美味しいです。少し価格帯が高くなりますが鉄分入りやコラーゲン入り等の健康志向な商品もあるので、栄養不足を補うことにも一役買ってくれるところもうれしいポイントです。

気分転換と糖分補給にぴったりな3時のおやつ。上手に活用すれば人間関係も良好に、やる気もアップ、そして仕事の効率アップにもつながるはずです。皆さんも素敵なオフィスでのおやつタイムをお過ごしください!

 

ぐり子