一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

採用情報

ホーム採用情報職員紹介 土屋さん

職員紹介

プロのサーチャーとして顧客ニーズから一歩進んだ検索サービスを心がけます。

医薬営業本部 医薬情報部 医薬情報第二課 2012年入職

土屋さん

医薬情報第二課

QUESTION01

IMICへの入職動機を教えてください。

以前の職場はIMICとお付き合いがあり、IMICの職員と打ち合わせることも度々あったのですが、皆とても丁寧で、感じが良い印象でした。私は大学時代、医薬にも語学にも関係のない専攻だったこともあり、専門的な財団に転職するということは勇気が必要だったのですが、年齢的にも「骨を埋める」覚悟で会社を探しており、この財団なら長く勤められそうだと思って応募しました。丁寧で感じが良い、という職員たちのイメージは、入職した今でも変わっていません。

QUESTION02

所属部署の業務内容について教えてください。

医薬情報部では製薬会社や学会・研究者を顧客として、多様なサービスを提供しています。医薬情報第一課では適正使用情報、販促用資材など、多岐にわたる資材の作成、改訂をサポートしています。またWebコンテンツの原稿を作成したり、学会誌の編集も行っています。第二課では、製薬会社が保有する文献データベース用のコンテンツ作成(抄録作成、インデキシング)や、国内医学薬学文献情報および学会情報の速報サービス、商用データベースの代行検索など、情報の収集からニーズに合わせた情報の加工までを幅広く行っています。また学会向けのサービスとして、ガイドラインの作成支援も行っています。

QUESTION03

現在の仕事内容について
教えてください。

検索業務を行う検索技術者はサーチャーと呼ばれ、全員が検索技術者検定2級以上の資格を持っています。IMICのサーチャーは、医師や製薬会社などの医療関係者が求める文献を、商用データベース(医中誌WebやMEDLINEなど)を用いて検索し、検索結果を提供しています。例えば「最新の糖尿病治療について文献を集めたい」といったざっくりとした依頼から、「Aという薬を投与して5時間以内に発生した頻脈の症例報告はないか」といったかなり具体的な依頼まで、内容は多岐にわたります。サーチャーは顧客のニーズに合わせて限られた費用、期間の中でデータベースを選択し、最適な結果を提供しなくてはなりません。最近では自分でデータベースを検索するだけでなく、後進の育成にも携わるようになってきました。

現在の仕事内容について

QUESTION04

携わっているサービスの他社にはないIMICの強みを教えてください。

課内には検索チームがあり、経験を積んだサーチャーとともに新人サーチャーが日々スキルアップに励んでいます。また検索チーム以外にも、通常は調査業務を行っていない有資格者が多数在籍しており、サーチャー人口の多さはIMICの強みの一つです。使用できるデータベース(ファイル)は多岐に及びます。有名なMEDLINEやEMBASEだけでなく、エビデンスレベルの高いレビューを集めたファイルや毒性専門のファイルなども必要に応じて利用します。これら豊富な人的・情報資源をフル活用し、顧客に満足いただくまで粘り強く対応します。また、部門間で連携することで、文献検索の次に必要となる、実際の文献入手や、文献内容の評価、抄録作成、さらには文献を利用した資材の作成まで行います。つまり、「最新の高脂血症の薬物療法の資料を集めて、プロモーション資材用にまとめて定期的に発行したい」といった依頼を、IMICは一括してお引き受けすることができるのです。

QUESTION05

業務の中で、
どんな時にやりがいを感じますか?

自分が検索した結果をもとに、依頼者である医師が目の前の患者の治療方針を決める可能性があります。またIMICが作成をお手伝いした診療ガイドラインが全国の医療従事者の指針となることもあります。つまり業務の成果物が、ある患者の経過を左右したり、日本の医学界の趨勢を決する大河の一滴となるのです(かなり大袈裟に言えば、ですが)。非常に責任のともなう仕事ですし、身の引き締まる思いがします。

業務の中で、どんな時にやりがいを感じますか?

QUESTION06

IMICの社風を教えてください。

人材育成にとても力を入れている財団です。入職して驚いたのは研修制度がとても充実していることでした。医学・薬学の基礎知識を身につける通年の疾患研修、薬学研修に加え、メディカルライティングや文献検索研修など、専門的な知識やスキルのレベルアップのための研修が社内外から講師を迎えて頻繁に開催されます。また社外で開催されるビジネスセミナーや業務に関係するシンポジウムなどにも積極的に参加できます。外部セミナーで習得した内容は、報告会を開いて仲間に知識を広めるとともに自分の知識を強化しています。さらに資格取得に対する補助もあり、特に検索技術者検定は毎年勉強会を開いて受験を奨励しています。医薬系のバックグラウンドがない方でも、やる気があればどんどん知識を吸収できるので大丈夫です!

QUESTION07

プロのサーチャーになるには何が大切ですか?

実はついこの前まで私自身、プロフェッショナルなどという自覚はなく、「たまたまサーチャー業務の占める割合が高いだけ」という感覚でした。転機となったのは、ダメもとで受験した検索技術者検定1級に合格したことです。上長をはじめ多くの方々のお力を借りて成し得たことだったのですが、合格して資格が印刷された名刺を見た時、ああ、もう言い訳はできないんだな、と腹をくくりました。自分の成果物にきちんと責任を負うことは当然で、さらにそこから顧客のニーズにより合致する、一歩進んだサービスが提供できないかを常に考える姿勢が、これからのサーチャーに求められているのだと思います。

プロのサーチャーになるには何が大切ですか?

QUESTION08

今、夢中になっていることを教えてください。

夢中になる、というほどではないのですが、早く帰れる日は健康維持のために信濃町から5キロほど歩いています。原宿で若者と外国人のパワーに圧倒され、真っ暗になった代々木公園の木立におののき・・・と色々刺激的で、仕事後の気分転換にはうってつけです。

入職者へのメッセージ

サーチャーから入職希望者へのメッセージ

PubMedなど、エンドユーザーにやさしいデータベースが普及している昨今、なぜ複雑な検索式を作成して検索を行うサーチャーという業種が生き残っているのでしょう?それはズバリ、お金を払ってでもサーチャーに任せた方が必要な情報が効率よく入手できると思ってくださる顧客がいるからだと思います。顧客の期待を決して裏切らないよう、サーチャーは専門知識、専門以外のボキャブラリー、柔軟な発想力など、日々研鑽をつまなくてはいけません。サーチャーの経験がある方にとって、IMICは即戦力として非常に歓迎される職場です。経験がない方、Q.5 を是非ご一読ください。育成もお任せください。財団法人というと、なんだかのんびりしているようなイメージがありませんか?とんでもないです。若い職員がとても多く、残業もそれなりにあり、繁忙期は深夜まで明かりが消えないこともあります。だからこそ、仲間と協力しながら仕事を完成させた時の喜びは素晴らしいものです。是非私たちと一緒に働きましょう!

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ