一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

賛助会員様向けコンテンツ

ホーム賛助会員様向けコンテンツセミナー・出展学会

セミナー・出展学会

セミナーレポート 2014

2015/2/26平成26年度 ユーザー会

平成26年度IMICユーザー会開催レポート
2015年2月26日・明治記念館(155名)

 毎年多くの皆様にご参加頂いているIMICユーザー会ですが、今年度も2月26日(木)に明治記念館で開催され、155名ものユーザーの皆様にご来場頂きました。望月先生のご講演から懇親会まで、その模様をご報告させて頂きます。

 今年は、慶應義塾大学薬学部長の望月眞弓先生より「薬事法改正に見るリスクコミュニケーションの重要性」というタイトルでご講演頂きました。

 改正薬事法(薬機法)における重要なポイントの一つである医薬品の安全対策強化について、過去の事例や今回の薬事法改正の背景をふまえ、医薬品情報をリスクコミュニケーションツールとして今後どのように活用すべきかをお話し頂きました。

 参加された皆様の業務に直結する最新トピックスだったという事もあり、講演後のコーヒーブレイクに入っても望月先生のもとには多くの参加者が質問の列を作っていました。

 

 

 また、今年のIMICサービス紹介は“お客様事例”を中心として3つのサービス紹介を行いました。

 『SELIMIC Up to Date ~ 医薬品医療機器等法に対応した
  コンビネーション製品の追加と顧客事例 ~』
  現在多くのお客様にご利用頂いている国内安全性情報速報サービス“SELIMIC-Alert”について、この春から対応を開始する「医薬品たるコンビネーション製品」の有害事象索引のご紹介や、リーディングカンパニーのSELIMIC-Alert活用事例をご紹介いたしました。

 

 『All about Copyright
  ~ グローバル時代における著作権の潮流 ~』
 グローバルな学術情報流通に対応した、著作権ライセンス処理サービスをご紹介しました。企業コンプライアンスが重要視される時代において、以下に正しく学術情報を取り扱うかという観点で、お客様事例やQ&Aを含め、IMICがサポートする適切なライセンス処理の実例をご紹介いたしました。

 

 『2015 NEW I-dis
  ~ 顧客事例にみるポータルサービスとしての進化 ~』
 2009年のサービス開始以降、数多くのお客様に導入頂いている学術情報統合管理システム「I-dis」について、ユーザー企業3社様の詳細な事例を盛り込み、各社の様々な課題を解決してきたI-disの歩みと今後の進化についてご紹介いたしました。

 

 今年度のユーザー会は、例年以上に懇親会の最後まで多くの皆様が情報交換をしていらっしゃいました。また、IMICの各サービス紹介にも多くのご質問を頂戴いたしました。来年度も多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ