一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

賛助会員様向けコンテンツ

ホーム賛助会員様向けコンテンツセミナー・出展学会

セミナー・出展学会

セミナーレポート 2013

2014/2/26平成25年度 ユーザー会

平成25年度IMICユーザー会開催レポート
2014年2月26日・明治記念館(164名)

 今年も「IMICユーザー会」が開催され、数多くのユーザーの皆様にご来場頂きました。簡単ではありますが、その模様をご報告させて頂きます。  

 今年は分野の異なるお二人の先生から、それぞれご講演頂きました。
 前半は、慶應義塾大学大学院経営管理研究科・教授の中村洋先生より『製薬業界を取り巻く外部環境変化とプロモーション・組織戦略の変革』、後半は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構・安全管理監の山本弘史先生より『薬事法改正とこれからの医薬品等の安全対策』というテーマで、それぞれ大変興味深いお話を頂きました。
 また、最後にはIMICより『50周年に向けた事業展望』というタイトルで、今後の財団の取り組みと今後のサービス展開について発表致しました。

 

 

 中村先生のご講演では、製薬企業を取り巻く社会環境変化と、それに伴い拡大する本社とMRとのギャップ、さらには製薬企業とその顧客である医師・薬局などとのギャップについて、現状の分析をお話し頂きました。参加された方の多くは、普段本社に勤務し、MRに向けて情報を伝える立場の方々ということもあり、自社の状況と先生の講演を比較しながら、ギャップを埋めるために企業が掲げるべき組織戦略とは何か、プロモーションとは何かについて、皆様興味深く聞き入っていらっしゃいました。

  

 山本先生からは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の役割と新しい5ヵ年の中期計画に基づいた、大規模医療情報DBの活用やRMPの実装などの安全対策について、また、昨年末可決された改正薬事法の中でも、参加された方が特に関心を寄せる添付文書の位置づけについて詳しくお話し頂きました。

   

 最後に財団からのプレゼンテーションとして、8年後に迎える設立50周年の節目に向けた事業展望をお話しさせて頂きました。現在提供しているサービスのブラッシュアップ、先を見据えた3つの新規事業案、またそれらを支えるスタッフのスキルアップと組織作りなど、現在から未来へ向けた財団の方針をご紹介いたしました。

  

 今年は例年よりも多い164名の方にご参加頂きました。医薬品マーケティングや安全性という、IMICのサービスにも直結する分野の演題ということで、多くのユーザー様にとって有意義な時間になったのではないかと感じております。
 来年度も多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ