一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)正常体重での妊娠の割合と傾向 ― 48州、ニューヨ・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/05Vol. 66 / Nos. 51 & 52

MMWR66(51 & 52):1402-1407
Prevalence and Trends in Prepregnancy Normal Weight — 48 States, New York City, and District of Columbia, 2011–2015

正常体重での妊娠の割合と傾向 ― 48州、ニューヨーク市およびワシントンDC、2011年~2015年

低体重での妊娠の場合(BMI:18.5未満)は在胎不当過小児の出生リスクが増加し、太りすぎ(同25.0~29.9)または肥満(同30.0以上)の場合は、帝王切開による出産、在胎不当過大児の出生および小児肥満のリスクが増加する。Healthy People 2020では、正常体重での妊婦の割合を、2007年の52.5%から2020年には57.8%とすることを目標としている。今回、CDCは2011~2015年のNational Vital Statistics System (NVSS)の出生データ(妊娠時BMIデータを含む)から、正常体重での妊娠についてその傾向を分析した。NVSSでは出生証明書から50州とワシントンDCにおける出生児に関する人口動態および健康データを収集しており、2003年から出生証明書に母親の身長および体重データが含まれるよう改訂され、2011年は36州とワシントンDCおよびニューヨーク市(NYC)、2015年はコネチカット州およびニュージャージ州を除く48州とワシントンDC、NYCにて適用された(それぞれ出生児全体の83%、97%)。分析対象は2011~2015年の間、計17,906,182名の母親(全体の90%)であり、2015年、48州とワシントンDCおよびNYCにおいて正常体重で妊娠した女性は45.0%であった[37.7%(ミシシッピ州)~52.2%(ワシントンDC)]。38区域(36州とワシントンDC、NYC)の妊娠前BMIデータによる正常体重率は、2011年の47.3%から、2015年には45.1%と5年間に減少し続け、この低下は全区域にてみとめられ、27区域では有意差を示した[1.0%(ウィスコンシン州)~3.5%(デラウェア州)]。正常体重での妊娠率の低下に伴い、全体のBMI分布は高い方へシフトし、低体重での妊娠は8%減少、体重過多、肥満での妊娠はそれぞれ2%、8%増加した。また、肥満クラス別では、クラスIの6%(BMI:30.0~34.9)、クラスIIの10%に比べ(BMI:35.0~39.9)、クラスIIIの増加が14%と顕著であった(BMI:40.0以上)。2015年、正常体重での妊娠率が最も高い区域(ワシントンDC:52.2%、マサチューセッツ州:51.0%、NYC:52.1%、ユタ州:51.9%)は肥満率が最も低い区域であり、逆に正常体重での妊娠率の最も低い区域(ミシシッピ州:37.7%、ウェストバージニア州:40.1%)は肥満率の最も高い区域であった。NYCは正常体重での妊娠率が高いだけでなく低体重での妊娠率が最も高く(5.4%)、また、アーカンソー州、ケンタッキー州、ウェストバージニア州は低体重および肥満での妊娠率がともに高値であった。以上、正常体重での妊娠率は低下しており、妊娠適齢期の女性はBMIスクリーニングを定期的に行うべきと思われる。

References

  • Liu P, Xu L, Wang Y, et al. Association between perinatal outcomes and maternal pre-pregnancy body mass index. Obes Rev 2016;17:1091–102. <https://doi.org/10.1111/obr.12455>
  • Branum AM, Kirmeyer SE, Gregory EC. Prepregnancy body mass index by maternal characteristics and state: data from the birth certificate, 2014. Natl Vital Stat Rep 2016;65:1–11.
  • Fisher SC, Kim SY, Sharma AJ, Rochat R, Morrow B. Is obesity still increasing among pregnant women? Prepregnancy obesity trends in 20 states, 2003–2009. Prev Med 2013;56:372–8. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2013.02.015>
  • National Center for Health Statistics. Health, United States, 2015: with special feature on racial and ethnic health disparities. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016.
  • Chu SY, Bachman DJ, Callaghan WM, et al. Association between obesity during pregnancy and increased use of health care. N Engl J Med 2008;358:1444–53. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa0706786>
  • Koning AM, Kuchenbecker WK, Groen H, et al. Economic consequences of overweight and obesity in infertility: a framework for evaluating the costs and outcomes of fertility care. Hum Reprod Update 2010;16:246–54. <https://doi.org/10.1093/humupd/dmp053>
  • Johnson K, Posner SF, Biermann J, et al. Recommendations to improve preconception health and health care—United States. A report of the CDC/ATSDR Preconception Care Work Group and the Select Panel on Preconception Care. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-6).
  • Moos MK, Dunlop AL, Jack BW, et al. Healthier women, healthier reproductive outcomes: recommendations for the routine care of all women of reproductive age. Am J Obstet Gynecol 2008;199(Suppl 2):S280–9. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2008.08.060>
  • Rasmussen KM, Yaktine AL, eds. Institute of Medicine and National Research Council. Weight gain during pregnancy: reexamining the guidelines. Washington, DC: The National Academies Press; 2009.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ