一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2018年(Vol.67)関節炎のある成人における身体活動または運動に関する・・・

MMWR抄訳

rss

2018/01/05Vol. 66 / Nos. 51 & 52

MMWR66(51 & 52):1398-1401
Health Care Provider Counseling for Physical Activity or Exercise Among Adults with Arthritis — United States, 2002 and 2014

関節炎のある成人における身体活動または運動に関する医療従事者によるカウンセリング ― アメリカ、2002年および2014年

関節炎はありふれた合併症としてアメリカ成人の推定5,400万人に影響し、糖尿病、心疾患、肥満を有する者において関節炎特有の可動制限、身体活動や運動の障害をもたらす。American College of Rheumatology’sによる変形性関節症の治療ガイドラインでは、関節炎症状に対する非薬物的な治療戦略のファーストラインとして運動を推奨しており、Healthy People 2020では関節炎成人に対する身体活動および運動に関する医療従事者によるカウンセリングを強化することを目標としている。今回、CDCは2002年および2014年のNational Health Interview Survey (NHIS)データから、カウンセリングの実施状況について分析を行った。NHISの2002年の回答者(18歳以上)は31,044名(回答率:74.3%)、2014年は36,697名(同58.9%)であり、関節炎は「今まで医師に関節炎、リウマチ性関節炎、痛風、ループスまたは線維筋痛症と言われたことがある」、運動に関するカウンセリングは「医師または他の医療従事者から関節炎または関節症状に有用な身体活動または運動を提案されたことがある」と定義した。2002年、2014年における年齢補正カウンセリング率はそれぞれ51.9%、61.0%と17.6%の有意な増加を示し、2014年はHealthy People 2020の目標値(57.4%)以下を除くすべてのサブグループにて上回った[非ヒスパニック系の他人種:53.8%、低体重/正常体重(BMIが25.0未満):50.0%、現喫煙者:56.9%、活動的ではない人:56.7%、かかりつけ医がいない人:50.7%]。肥満者(BMIが30.0以上)に対するカウンセリング率は2014年にて70.7%と高いが、BMIによるカウンセリング率の有意差は認めなかった。また、カウンセリングを受けなかった関節炎患者は非活動的な人にて2002年が41.4%(活動的な人:34.7%)、2014年が36.8%(同30.5%)であった。以上、関節炎患者に対するカウンセリングは増加してきているが、依然として約40%の人がカウンセリングを受けていない。医療関係者において運動に関するカウンセリングの訓練や助言、カウンセリングの電子カルテへの記録などが運動のカウンセリングを促進し、成人の関節炎およびその合併症の管理に有用であると思われる。

References

  • Barbour KE, Helmick CG, Boring M, Brady TJ. Vital signs: prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2013–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:246–53. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609e1>
  • Hochberg MC, Altman RD, April KT, et al.; American College of Rheumatology. American College of Rheumatology 2012 recommendations for the use of nonpharmacologic and pharmacologic therapies in osteoarthritis of the hand, hip, and knee. Arthritis Care Res (Hoboken) 2012;64:465–74. <https://doi.org/10.1002/acr.21596>
  • Maserejian NN, Fischer MA, Trachtenberg FL, et al. Variations among primary care physicians in exercise advice, imaging, and analgesics for musculoskeletal pain: results from a factorial experiment. Arthritis Care Res (Hoboken) 2014;66:147–56. <https://doi.org/10.1002/acr.22143>
  • Brittain DR, Gyurcsik NC, McElroy M, Hillard SA. General and arthritis-specific barriers to moderate physical activity in women with arthritis. Womens Health Issues 2011;21:57–63. <https://doi.org/10.1016/j.whi.2010.07.010>
  • Hurkmans EJ, de Gucht V, Maes S, Peeters AJ, Ronday HK, Vliet Vlieland TP. Promoting physical activity in patients with rheumatoid arthritis: rheumatologists’ and health professionals’ practice and educational needs. Clin Rheumatol 2011;30:1603–9. <https://doi.org/10.1007/s10067-011-1846-7>
  • Halls S, Law RJ, Jones JG, Markland DA, Maddison PJ, Thom JM. Health professionals’ perceptions of the effects of exercise on joint health in rheumatoid arthritis patients. Musculoskelet Care 2017;15:196–209. <https://doi.org/10.1002/msc.1157>
  • Lillie K, Ryan S, Adams J. The educational needs of nurses and allied healthcare professionals caring for people with arthritis: results from a cross-sectional survey. Musculoskelet Care 2013;11:93–8. <https://doi.org/10.1002/msc.1035>
  • Geneen LJ, Moore RA, Clarke C, Martin D, Colvin LA, Smith BH. Physical activity and exercise for chronic pain in adults: an overview of Cochrane Reviews. Cochrane Database Syst Rev 2017;4:CD011279.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ