一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アメリカ先住民/アラスカ先住民におけるたばこ製品使・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/22Vol. 66 / No. 50

MMWR66(50):1374-1378
Prevalence and Disparities in Tobacco Product Use Among American Indians/Alaska Natives — United States, 2010–2015

アメリカ先住民/アラスカ先住民におけるたばこ製品使用の普及率と格差 ― アメリカ、2010年~2015年

Healthy People 2020の包括的目標は、すべてのグループでの健康の公平さ、格差の解消、健康の改善である。全体の市販たばこ製品使用の減少の明らかな進歩はあるものの、格差は依然としてあり、アメリカ先住民またはアラスカ先住民(AI/AN)はすべての人種/民族グループで喫煙の普及率が最も高いグループの一つである。AI/ANでの喫煙の変動は性別および地理的な位置により記録されているが、その他の社会人口学的特性は記録されておらず、さらに、紙巻たばこ以外のたばこ製品の使用のデータはほとんど存在しない。CDCは、2010年~2015年のNational Survey on Drug Use and Healthのデータから、AI/AN成人での5種類のたばこ製品の自己報告による現在(過去30日)の使用を分析し、他の人種/民族グループ[ヒスパニック系、非ヒスパニック系白人(白人)、非ヒスパニック系黒人(黒人)、非ヒスパニック系ハワイ先住民またはその他の太平洋諸島の住民(NHOPI)、非ヒスパニック系アジア人(アジア人)、非ヒスパニック系多人種]と比較した。2010~2015年ではAI/ANでの使用率は非AI/ANと比べ、すべてのたばこ製品(43.3% vs 27.7%)、紙巻たばこ(37.3% vs 23.0%)、手巻たばこ(7.1% vs 3.5%)、パイプ(1.9% vs 0.9%)、無煙たばこ(6.6% vs 3.5%)で増加した。大学卒業以上の学歴の人を除き、何らかのたばこ製品、紙巻たばこ、無煙たばこの現在の使用は、すべてのサブグループ内で統合した非AI/ANと比べ有意に多かった。AI/ANでは、何らかのたばこ製品の現在の使用率は男性で女性と比べ1.31倍高かった。また、50歳以上の人と比べ、34~49歳、26~34歳、18~25歳で使用率が高かった。教育レベル別では、たばこ製品の使用率は大学中退、高校卒業、高校卒業未満で大学卒業以上より高かった。年間の家計所得$75,000以上の人と比較して、$20,000未満の人では使用率が1.55倍多かった。さらに、連邦貧困閾値の2倍までおよび貧困レベルで暮らす人は、連邦貧困閾値の2倍以上で暮らす人と比べ、たばこ製品の使用率が高かった。既婚者と比べ、未婚者のたばこ製品の使用率は1.33倍多かった。AI/ANは、すべてのたばこ製品の使用率および紙巻たばこの喫煙率は他の個別の人種/民族グループと比べ高かった。AI/ANでの葉巻喫煙率は黒人よりも低いが、ヒスパニック系およびアジア人よりも高かった。AI/ANでの手巻きたばこおよびパイプ使用率は、白人、黒人、アジア人、ヒスパニック系よりも高く、AI/ANの無煙タバコ使用率はNHOPIを除くすべての人種/民族よりも有意に高かった。健康の社会的決定要因に着目し、エビデンスに基づき集団レベルで文化的に適切なたばこ規制介入を提供することは、たばこ製品の使用を減らし、AI/AN間のたばこ製品使用の格差を解消するのに役立つと考えられる。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/index.html>
  • Martell BN, Garrett BE, Caraballo RS. Disparities in adult cigarette smoking—United States, 2002–2005 and 2010–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:753–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a1>
  • Nez Henderson P, Jacobsen C, Beals J; AI-SUPERPFP Team. Correlates of cigarette smoking among selected Southwest and Northern plains tribal groups: the AI-SUPERPFP Study. Am J Public Health 2005;95:867–72. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2004.050096>
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Population data. National Survey on Drug Use and Health. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2017. <https://www.samhsa.gov/data/population-data-nsduh>
  • Garrett BE, Dube SR, Trosclair A, Caraballo RS, Pechacek TF. Cigarette smoking—United States, 1965–2008. MMWR Suppl 2011;60:109–13.
  • Kunitz SJ. Historical influences on contemporary tobacco use by Northern Plains and Southwestern American Indians. Am J Public Health 2016;106:246–55. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2015.302909>
  • Beauvais F, Thurman PJ, Burnside M, Plested B. Prevalence of American Indian adolescent tobacco use: 1993–2004. Subst Use Misuse 2007;42:591–601. <https://doi.org/10.1080/10826080701202171>
  • Xu X, Pesko MF, Tynan MA, Gerzoff RB, Malarcher AM, Pechacek TF. Cigarette price-minimization strategies by U.S. smokers. Am J Prev Med 2013;44:472–6. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2013.01.019>
  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use among U.S. racial/ethnic groups—African Americans, American Indians and Alaska Natives, Asian Americans and Pacific Islanders, and Hispanics: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1998. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/1998/complete_report/pdfs/complete_report.pdf>
  • Forster J, Poupart J, Rhodes K, et al. Cigarette smoking among urban American Indian Adults—Hennepin and Ramsey counties, Minnesota, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:534–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6521a2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ