一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)不活化ポリオワクチンの導入とワクチンが関連する麻痺・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/15Vol. 66 / No. 49

MMWR66(49):1357-1361
Introduction of Inactivated Poliovirus Vaccine and Impact on Vaccine- Associated Paralytic Poliomyelitis — Beijing, China, 2014–2016

不活化ポリオワクチンの導入とワクチンが関連する麻痺性ポリオへの影響 ― 北京、中国、2014年~2016年

2014年1月、WHOは経口ポリオウイルスワクチン(OPV)使用国に対し、少なくとも1回以上の不活化ポリオワクチン(IPV)を定期接種に導入するよう推奨し、Polio Eradication and Endgame Strategic Plan 2013-2018は2015年にIPV導入の完了、2016年には世界的な2型OPVからの撤退を推奨している。中国では北京で初めて2014年12月5日、Beijing’s Expanded Program on ImmunizationにIPVの1回接種が導入され、2015年12月にBeijing CDCにより12の医療施設にてWHOのPost Introduction Evaluation(PIE)を用いたプログラムの評価が行われた。PIE実施前の6カ月間におけるワクチン廃棄率はOPVが2.3(0~5.3)%、IPVが0.03(0~1.2)%であり、調査に回答した83名の医療従事者のうち、77名(93%)が訓練を受け、80名(96%)が接種スケジュール、適切な注射方法、禁忌例、一般的な接種後の有害事象(AEFI)について正解を回答した。また、親への諸伝達事項(ワクチン名、疾病の予防、一連のIPV/OPVのスケジュール、IPVの利点、一般的なAEFI、AEFIの報告方法、受診の際に予防接種カード持参の必要性)のうち2つ以上を伝えていた医療従事者は72名(87%)であった。医療施設からIPVを勧められた親/保護者40名のうち、13名(33%)はIPVおよびポリオを知っており、IPVの最初の情報源は医療従事者が7名、インターネットが4名、友人/親戚が2名であった。現存する急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスシステムでは、2010年~2016年における15歳未満の非ポリオAFP症例数は10万人あたり1.1~2.3であり、ワクチンが関連する麻痺は2014年以降、報告されていない。ポリオワクチンの初回接種率は2014年が96.2%、2015年が96.9%、2016年が97.4%であり、この接種率はジフテリア、百日咳、破傷風(DTP)ワクチン接種率と同等であった(それぞれ96.5%、97.2%、97.6%)。ポリオワクチン接種未完了率は2015年が1.0%、2016年が0.4%(DTPはそれぞれ1.5%、2.6%)であった。IPV/OPVスケジュール導入後、親は2回目および3回目にIPVかOPVを選択することが可能であるが、2016年6月、中国の医薬品および健康局は世界的なIPV不足からIPVの3回接種を禁止(初回接種は推奨)、IPVの3回接種率は2014年が18.1%、2015年が17.4%、2016年が14.8%と低下している。

References

  • World Health Organization. Polio vaccines: WHO position paper, January 2014. Wkly Epidemiol Rec 2014;89:73–92.
  • World Health Organization. Polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.polioeradication.org/resourcelibrary/strategyandwork.aspx>
  • Lu L, Li X, Zhang H, et al. Immunogenicity and persistence from different 3-dose schedules of live and inactivated polio vaccines in Chinese infants. Vaccine 2015;33:4653–8. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2014.08.091>
  • Zhang ZJ, Li J, Wang HH, et al. Safety of different sequential immunization schedules of inactivated poliovirus vaccine and oral poliovirus vaccine primary vaccination [Chinese]. Zhonghua Yu Fang Yi Xue Za Zhi 2013;47:910–5.
  • Li XM, Zhang ZJ, Wang HH, et al. Immunogenicity and safety of a booster dose of inactivated polio vaccine [Chinese]. Zhonghua Yu Fang Yi Xue Za Zhi 2013;47:905–9.
  • World Health Organization. New vaccine Post-Introduction Evaluation (PIE) Tool. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/resources/PIE_tool/en/>
  • Liu D, Wu W, Li K, et al. Surveillance of adverse events following immunization in China: past, present, and future. Vaccine 2015;33:4041–6. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2015.04.060>
  • World Health Organization. Meeting of the SAGE. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/sage/meetings/2016/april/SAGE_April_2016_Meeting_Web_summary.pdf>
  • Zhang Y, Wei J, Qi W. Research on the citizens’ preference of channels to obtain information in emergency states. Information Science 2012;30:574–8. <http://en.cnki.com.cn/Article_en/CJFDTOTAL-QBKX201204020.htm>
  • Shi L. The integration of interactive interpersonal communication and mass communication-the application of interpersonal communication in mass media [Chinese]. Journal of Southwest University for Nationalities (Humanities & Social Sciences) 2006;10:198–201. <http://en.sss.net.cn/105001011/56.aspx>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ