一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)血清型C髄膜炎菌の大規模なアウトブレイク ― ナイ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/15Vol. 66 / No. 49

MMWR66(49):1352-1356
Large Outbreak of Neisseria meningitidis Serogroup C — Nigeria, December 2016–June 2017

血清型C髄膜炎菌の大規模なアウトブレイク ― ナイジェリア、2016年12月~2017年6月

2017年2月16日、ナイジェリア北西部ザムファラ州の保健省は、4つの地方公共団体(LGA)から脳脊髄膜炎(髄膜炎)の疑い例(38.0℃以上の急な発熱および頸部硬直または意識変容、18カ月齢未満の幼児では大泉門膨隆のうち1つ以上の症状を示す)の報告が増加していることをNigeria Centre for Disease Control(NCDC)に通知した。髄膜炎患者はその後、ザムファラ州に隣接するカツィナ州、ケビ州、ナイジャ州、ソコト州および北東部のヨベ州から報告され、4月3日、NCDCはこのアウトブレイクに対応するためEOC(Emergency Operations Center)を始動させ、サーベイランスを強化した。2013年に髄膜炎血清型A結合型ワクチン(MenAfriVac)が導入されるまで、ナイジェリアでは髄膜炎の大流行が発生し、1996年のN. meningitides血清型A(NmA)の流行では疑い例:109,580例、死亡例:11,717例と報告されている。2013年には新しいN. meningitides血清型C(NmC)が出現し、2014年~2016年に小規模の限局的アウトブレイクが発生し、2015年には隣国ニジェールに拡散し、今まででもっとも大きな世界的流行となった。ここでは2016年~2017年のナイジェリアでのNmCアウトブレイクについて報告する。2016年12月、ザムファラ州のZurmi LGAにて髄膜炎21例が発生したと州の保健省に報告され、その後2017年2月、州内の他の4 LGAおよび隣接する他の州へ拡大したことから、CDCに報告された。2017年6月までにナイジェリア国内37州のうち26州(70%)にて髄膜炎の疑い例が報告され、そのピークは2017年第15週(2017年4月16~22日)であった。発生率は56 LGAにて警戒レベルを超え、38 LGAにて流行閾値を超えた。疑い例は計14,518例、死亡例は1,166例(症例致死率:8.0%)、ザムファラ州:7,140例(49%)、年齢5~14歳:6,792例(47%)が多く認められた。また、疑い例1,339例(9%)の検体を検査した結果、433例(32.3%)が確診例であり、うちNmCによる症例は358例(82.7%)であった。サーベイランスの強化とともに、2017年4月よりワクチン接種が推進され、カツィナ州、ソコト州、ヨベ州、ザムファラ州にて2~29歳、約210万人に接種された。その後感染は減少し、2017年6月15日に終息が宣言された。

References

  • World Health Organization. Meningococcal meningitis. Fact sheet. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs141/en/>
  • Mohammed I, Nasidi A, Alkali AS, et al. A severe epidemic of meningococcal meningitis in Nigeria, 1996. Trans R Soc Trop Med Hyg 2000;94:265–70. <https://doi.org/10.1016/S0035-9203(00)90316-X>
  • Chow J, Uadiale K, Bestman A, et al. Invasive meningococcal meningitis serogroup C outbreak in northwest Nigeria, 2015—third consecutive outbreak of a new strain. PLoS Curr 2016;8:8.
  • Funk A, Uadiale K, Kamau C, Caugant DA, Ango U, Greig J. Sequential outbreaks due to a new strain of Neisseria meningitidis serogroup C in northern Nigeria, 2013–14. PLoS Curr 2014;6:6.
  • Sidikou F, Zaneidou M, Alkassoum I, et al. Emergence of epidemic Neisseria meningitidis serogroup C in Niger, 2015: an analysis of national surveillance data. Lancet Infect Dis 2016;16:1288–94. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(16)30253-5>
  • World Health Organization. Meningitis outbreak response in sub- Saharan Africa. WHO guideline. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/csr/resources/publications/meningitis/guidelines2014/en/>
  • Trotter CL, Lingani C, Fernandez K, et al. Impact of MenAfriVac in nine countries of the African meningitis belt, 2010–15: an analysis of surveillance data. Lancet Infect Dis 2017;17:867–72. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(17)30301-8>
  • Sambo L, Chan M, Davis S, et al. A vaccine meets its promise: success in controlling epidemic meningitis in sub-Saharan Africa. Clin Infect Dis 2015;61(Suppl 5):S387–8. <https://doi.org/10.1093/cid/civ490>
  • Nigeria Centre for Disease Control. Technical guidelines for integrated disease surveillance and response in Nigeria. Abuja, Nigeria: Nigeria Centre for Disease Control; 2016. <http://www.ncdc.gov.ng/themes/common/docs/protocols/4_1476085948.pdf>
  • Lo TQ, Marston BJ, Dahl BA, De Cock KM. Ebola: anatomy of an epidemic. Annu Rev Med 2017;68:359–70. <https://doi.org/10.1146/annurev-med-052915-015604>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ