一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)電子タバコの室内公共施設での使用、小売、価格に関す・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/15Vol. 66 / No. 49

MMWR66(49):1341-1346
State Laws Regarding Indoor Public Use, Retail Sales, and Prices of Electronic Cigarettes — U.S. States, Guam, Puerto Rico, and U.S. Virgin Islands, September 30, 2017

電子タバコの室内公共施設での使用、小売、価格に関する州法 ― アメリカ各州、グアム、プエルトリコおよびU.S.バージン諸島、2017年9月30日

電子タバコは若者にもっとも利用されるタバコ製品であり、高校生の30日以内の利用は成人より多い。電子タバコはニコチンを含み、思春期のニコチン曝露は中毒を引き起こし、脳の発達を損なうことから、FDAは「家庭内禁煙およびタバコ規制法」により、成人施設を除き未成年者への販売、無料サンプルの配布、自動販売機での販売を禁止している。今回、CDCは州、地方、管轄領土および部族における電子タバコに関する法規制について、State Tobacco Activities Tracking and Evaluation (STATE)により評価した。その結果、2017年9月30日の時点で、8州、ワシントンDCおよびプエルトリコにて屋内での電子タバコの使用、職場、レストランおよびバーでの従来のタバコの喫煙が禁止されていた。また、26州にて電子タバコのセルフサービスによる販売を規制し、16州、ワシントンCDおよびアメリカ領バージン諸島で電子タバコを販売するライセンスが必要であった。タバコの販売最低年齢を21歳とした法律(Tobacco-21)は2016年にカリフォルニア州、ハワイ州およびワシントンDC、2017年にメイン州、ニュージャージー州、オレゴン州、2018年にグアムにて発効され、また、8州、ワシントンDC、プエルトリコおよびバージン諸島では電子タバコに課税しており、カリフォルニア、ミネソタ州およびバージン諸島では税率が引き上げられ、カンザス州およびワシントンDCでは引き下げられている。これらの項目(屋内での使用禁止、販売規制、小売ライセンス、最低年齢および課税)に関し、新たに制定された法律は2013年~2014年に4から16、2014年~2015年には16から21へ増加、2015年~2016年には21から15へ減少し、2017年1~9月には8つの法律が制定された。2010年1月~2017年9月にて34州、ワシントンDCおよび3地域に計72の法律が制定されたが、16州には5項目に関する法律がなく、カリフォルニア州は5項目全てに関する法律が制定されている。

References

  • Jamal A, Gentzke A, Hu SS, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–16. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:597–603. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6623a1>
  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/e-cigarettes/pdfs/2016_sgr_entire_report_508.pdf>
  • Food and Drug Administration. Deeming tobacco products to be subject to the federal food, drug, and cosmetic act, as amended by the family smoking prevention and tobacco control act; restrictions on the sale and distribution of tobacco products and required warning statements for tobacco products. 81 Fed. Reg. 28974 (2016). <https://www.federalregister.gov/documents/2016/05/10/2016-10685/deeming-tobacco-products-to-be-subject-to-the-federal-food-drug-and-cosmetic-act-as-amended-by-the>
  • Marynak K, Holmes CB, King BA, Promoff G, Bunnell R, McAfee T. State laws prohibiting sales to minors and indoor use of electronic nicotine delivery systems—United States, November 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1145–50.
  • U.S. Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Tobacco Control Legal Consortium. U.S. e-cigarette regulation: a 50-state review. St. Paul, MN: Tobacco Control Legal Consortium; 2017. <http://www.publichealthlawcenter.org/sites/default/files/E-Cigarette-Legal-Landscape-50-State-Review-March-2017.pdf>
  • Wang TW, Marynak KL, Agaku IT, King BA. Secondhand exposure to electronic cigarette aerosol among U.S. Youths. JAMA Pediatr 2017;171:490–2. <https://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2016.4973>
  • Changelab Solutions. Self-service display of tobacco products: a model ordinance. Oakland, CA: Changelab Solutions; 2017. <http://www.changelabsolutions.org/publications/self-service-display-tobacco-products>
  • Institute of Medicine. Public health implications of raising the minimum age of legal access to tobacco products. Washington, DC: National Academies of Sciences, Institute of Medicine; 2015. <http://iom.nationalacademies.org/Reports/2015/TobaccoMinimumAgeReport.aspx>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ