一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)不活化ポリオワクチン分割接種キャンペーン ― パキ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/01Vol. 66 / No. 47

MMWR66(47):1295-1299
Fractional-Dose Inactivated Poliovirus Vaccine Campaign — Sindh Province, Pakistan, 2016

不活化ポリオワクチン分割接種キャンペーン ― パキスタン、シンド州、2016年

2015年9月に野生型ポリオウイルス(WPV)2型の根絶が宣言された後、ワクチン由来ポリオウイルス2型(VDPV2)の伝播リスクを低減するため、2016年4月より3価経口ポリオワクチン(tOPV)から2価OPV(1、3型)への変更が行われている。パキスタン、シンド州ハイデラバードでは2016年8月9日、環境サーベイランスにて下水の検体からVDPV2が検出され、これを受けて静注不活化ポリオワクチン(IPV)の接種活動が行われた。さらにIPVの供給が制限されているため、筋肉内投与量の1/5量の皮内IPV分割投与(fIPV)が開発され、インドではfIPVはIPV全量投与に対し非劣性であると報告されている。パキスタンでは2016年10月24日~11月1日、シンド州ハイデラバードおよび隣接する3郡(Jamshoro、Matyari、Tando Allahyar)の120地区にて、4~23カ月齢の小児258,492名を対象にfIPVキャンペーンが行われた。接種所は726カ所(固定式:136、移動式:590)設置され、ワクチンは0.1mL(筋肉内投与全量の1/5)が左上腕に皮内投与された。観察された1,960回の接種のうち、96%は適切な部位へ接種されており、皮内投与の指標となるブレブ形成は82%の接種(固定式接種所:92%、移動式接種所:80%)にて認められた。119カ所(17%)の接種所では有害事象はないと報告されたが、移動式接種所の接種者の15%は有害事象の報告を認識していなかった。また、バイアルの開封に関しても混乱があり、ワクチンバイアルモニターに異常がない、セプタムからの液漏れがない、有効期限内であっても開封したバイアルを翌日リユースしない接種所は移動式の51%、固定式の24%であった。キャンペーンの認知度に関する保護者1,968名(地方:70%、都市部:30%)を対象とした調査では、1,273名(65%)がキャンペーンを認識しており、その情報源はsocial mobilizers(75%)、ワクチン接種者/医療関係者(15%)が多く、マスメディアは<5%であった。このキャンペーンでは2,100名の小児が接種を受け、推定接種率は82%と高かったが、皮内投与に関する技術的な課題が示唆された。

References

  • Hampton LM, Farrell M, Ramirez-Gonzalez A, et al.; Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Cessation of trivalent oral poliovirus vaccine and introduction of inactivated poliovirus vaccine—worldwide, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:934–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6535a3>
  • Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Introduction of inactivated poliovirus vaccine and switch from trivalent to bivalent oral poliovirus vaccine—worldwide, 2013–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:699–702.
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, Sutter RW, Wassilak SG, Burns CC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2015–May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:763–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a3>
  • Global Polio Eradication Initiative. Responding to a poliovirus event and outbreak. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2016. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/07/9.5_13IMB.pdf>
  • Cadorna-Carlos J, Vidor E, Bonnet MC. Randomized controlled study of fractional doses of inactivated poliovirus vaccine administered intradermally with a needle in the Philippines. Int J Infect Dis 2012;16:e110–6. <https://doi.org/10.1016/j.ijid.2011.10.002>
  • Resik S, Tejeda A, Diaz M, et al. Boosting immune responses following fractional-dose inactivated poliovirus vaccine: a randomized, controlled trial. J Infect Dis 2017;215:175–82.
  • Bahl S, Verma H, Bhatnagar P, et al. Fractional-dose inactivated poliovirus vaccine immunization campaign—Telangana State, India, June 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:859–63. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533a5>
  • World Health Organization. Application of WHO multi-dose vial policy for inactivated polio vaccine. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/immunization/diseases/poliomyelitis/inactivated_polio_vaccine/MDVP_Nov2014.pdf>
  • Global Polio Eradication Initiative. Inactivated poliovirus vaccine. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2016. <http://polioeradication.org/polio-today/polio-prevention/the-vaccines/ipv/>
  • World Health Organization. Meeting of the strategic Advisory Group of Experts on Immunization, April 2016—conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2016;91:266–84.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ