一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)HIV予防としての男性の自発的医学的割礼の医療サー・・・

MMWR抄訳

rss

2017/12/01Vol. 66 / No. 47

MMWR66(47):1285-1290
Scale-Up of Voluntary Medical Male Circumcision Services for HIV Prevention — 12 Countries in Southern and Eastern Africa, 2013–2016

HIV予防としての男性の自発的医学的割礼の医療サービス拡大 ― アフリカ南部および東部の12カ国、2013年~2016年

アフリカ南部および東部諸国はHIV感染の有病率が世界でもっとも高く、2015年、この2地域にHIV感染症患者の52%(約1,900万人)が居住していた。男性の自発的医学的割礼(VMMC)は男性の異性間性交によるHIV感染リスクを約60%抑制することから、2030年までにAIDSを終焉させるJoint United Nations Programme on HIV/AIDS(UNAIDS)戦略に不可欠な要素とされている。2010~2012年、CDCは9カ国にて約100万人にVMMCを実施、2013~2016年には12カ国(ボツワナ、エチオピア、ケニア、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、ルワンダ、南アフリカ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、ジンバブエ)にて約500万(4,859,948)人にVMMCを実施している。また、VMMCの医療サービスとして男性割礼、HIV検査の提案、HIV陽性男性に対するケアおよび治療の紹介、HIVリスクの低減に関する教育、避妊具の提供、性感染症の検査および治療、またはその紹介を支援している。VMMC実施数は2013~2015年にて増加し、2016年はわずかに減少した(2013年:983,542、2014年:1,348,103、2015年:1,355,020、2016年:1,173,283)。複数国分析による年齢別の実施数は15歳未満:41.5%、15~29歳:47.1%、30歳以上:6.8%であり、15歳未満は2013~2016年にて毎年増加(2013年:31.7%、2016年:47.6%)、15~29歳(2015年:48.4%、2016年:45.6%)および30歳以上(2015年:7.0%、2016年:6.6%)は減少した。デバイスを使用したVMMCは全体の1.1%であり、2013年:0.2%から2016年:2.6%に増加した。全体で89.3%がHIV検査サービスを受け、うち1.0%が陽性であり(2013年:0.9、2014年:0.8、2015年:1.3%、2016年:0.8%)、国別の陽性率は<0.1~4.4%の範囲であった。VMMCから14日以内の術後追跡率は71.9%が受けていた(2013年:64.8%、2016年:79.2%)。世界的な目標を達成するためにはさらに努力を倍加し、歴史的にVMMCを嫌う男性サブグループの需要を増加させる新しい戦略の導入が必要である。

References

  • Siegfried N, Muller M, Deeks JJ, Volmink J. Male circumcision for prevention of heterosexual acquisition of HIV in men. Cochrane Database Syst Rev 2009;(2):CD003362.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS). On the fast-track to end AIDS. Geneva, Switzerland: UNAIDS; 2015. <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/20151027_UNAIDS_PCB37_15_18_EN_rev1.pdf>
  • World Health Organization. New data on male circumcision and HIV prevention. Policy and programme implications: conclusions and recommendations. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007. <http://www.who.int/hiv/pub/malecircumcision/research_implications/en>
  • World Health Organization. Voluntary medical male circumcision for HIV prevention in 14 priority countries in East and Southern Africa. Geneva. Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/258691/1/WHO-HIV-2017.36-eng.pdf?ua=1>
  • CDC. Voluntary medical male circumcision—southern and eastern Africa, 2010–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:953–7.
  • Grund JM, Toledo C, Davis SM, et al. Notes from the field: tetanus cases after voluntary medical male circumcision for HIV prevention—eastern and southern Africa, 2012–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:36–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6502a5>
  • World Health Organization. Male circumcision for HIV prevention. WHO technical advisory group on innovations in male circumcision, 30 September–2 October 2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/171780/1/9789241508803_eng.pdf>
  • Kripke K, Opuni M, Schnure M, et al. Age targeting of voluntary medical male circumcision programs using the Decision Makers’ Program Planning Toolkit (DMPPT) 2.0. PLoS One 2016;11:e0156909. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0156909>
  • Wambura M, Mahler H, Grund JM, et al.; VMMC-Tanzania Study Group. Increasing voluntary medical male circumcision uptake among adult men in Tanzania. AIDS 2017;31:1025–34. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001440>
  • Davis S, Toledo C, Lewis L, et al. Association between HIV and sexually transmitted infections and partner circumcision among women in Mgungundlov District, South Africa: a cross-sectional analysis of HIPSS baseline data [Abstract]. Presented at the 9th IAS Conference on HIV Science, Paris, France; July 2017. <http://programme.ias2017.org/Abstract/Abstract/2833>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ