一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)世界で混雑する上位50空港における禁煙ポリシー ―・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/24Vol. 66 / No. 46

MMWR66(46):1265-1268
Smoke-Free Policies in the World’s 50 Busiest Airports — August 2017

世界で混雑する上位50空港における禁煙ポリシー ― 2017年8月

受動喫煙は、若年死亡および非喫煙者における冠動脈性心疾患や卒中、肺がん、乳幼児突然死症候群、小児の急性呼吸器感染症や中耳炎、喘息の増悪、呼吸器症候群、肺機能低下の原因となる。非喫煙者の受動喫煙を防ぐためには、屋内を全面的に禁煙にしなければならない。CDCは以前、アメリカ国内の大規模ハブ空港には、ほぼすべて屋内全面禁煙の禁煙ポリシーが実施されていることを報告している。今回は、世界で年間乗降客数が上位50の混雑空港における禁煙ポリシーについて評価した。2017年8月時点で、50空港を利用した乗降客数は年間約27億人に上り、このうち23空港(46%)が屋内全面禁煙を実施していた。上位10空港では、5空港(北京首都国際空港、ロサンゼルス国際空港、シカゴオヘア国際空港、ロンドンヒースロー国際空港、上海浦東国際空港)が屋内全面禁煙、5空港(ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港、ドバイ国際空港、東京国際空港、香港国際空港、パリ=シャルル・ド・ゴール空港)は、限定された室内での喫煙が可能であった。禁煙ポリシーには地域的相違があり、北アメリカ18空港のうち14空港、ヨーロッパ9空港のうち4空港、アジアでは22空港のうち4空港(全て中国)およびオセアニアで唯一50位以内に入るシドニー国際空港が屋内全面禁煙であった。南アメリカおよびアフリカの空港は50位以内に入っていない。喫煙室や排気装置を設置した喫煙エリアの存在は、非喫煙者の旅行者や空港労働者に意図しない受動喫煙の機会を与えることになる。国、市町村、空港の責任において禁煙ポリシーを実施する必要がある。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/secondhandsmoke/index.html>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Office on Smoking and Health, 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/index.html>
  • CDC. Smoking restrictions in large-hub airports—United States, 2002 and 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1484–7.
  • Port Authority of New York and New Jersey. Airport traffic report. Passenger traffic: top 50 worldwide airport comparisons, 2016, table 2.1.2. New York, NY: Port Authority of New York and New Jersey; 2016. <http://www.panynj.gov/airports/pdf-traffic/ATR2016.pdf>
  • Pion M, Givel MS. Airport smoking rooms don’t work. Tob Control 2004;13(Suppl 1):i37–40. <https://doi.org/10.1136/tc.2003.005447>
  • Lee K, Hahn EJ, Robertson HE, Whitten L, Jones LK, Zahn B. Air quality in and around airport enclosed smoking rooms. Nicotine Tob Res 2010;12:665–8. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntq054>
  • CDC. Indoor air quality at nine large-hub airports with and without designated smoking areas—United States, October–November 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:948–51.
  • Stillman FA, Soong A, Kleb C, Grant A, Navas-Acien A. A review of smoking policies in airports around the world. Tob Control 2015;24:528–31. <https://doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2013-051364>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ