一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)成人の果物および野菜の摂取における州別の差異 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/17Vol. 66 / No. 45

MMWR66(45):1241-1247
Disparities in State-Specific Adult Fruit and Vegetable Consumption — United States, 2015

成人の果物および野菜の摂取における州別の差異 ― アメリカ、2015年

2015-2020 Dietary Guidelines for Americansは心血管疾患、2型糖尿病、数種類の癌および肥満など、食事に関連する疾患のリスクを抑制するため、果物と野菜の摂取を推奨しており、成人は1日あたり1.5~2カップ相当の果物と2.0~3.0カップ相当の野菜を摂取すべきとされている。CDCは2015年 Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)データから、各州およびワシントンDCにおける果物と野菜の推奨量摂取率について年齢、性別、人種/民族、収入-貧困ライン比(IPR)別に推定値を算出した。分析対象は319,415名、回答率中央値は47.2(33.9~61.1)%であり、全体での果物および野菜の摂取回数はそれぞれ1日1回、1.7回、推奨量摂取率は果物が12.2%[7.3%(ウェストバージニア州)~15.5%(ワシントンDC)]、野菜が9.3%[5.8%(ウェストバージニア州)~12.0%(アラスカ州)]であり、男女別では果物、野菜とも女性にて男性よりも高く(果物:15.1 vs. 9.2%、野菜:10.9 vs. 7.6%)、年齢別では、果物は18~30歳が9.2%、31~50歳が13.8%、51歳以上が12.4%、野菜はそれぞれ6.7%、8.8%、10.9%、人種/民族別では、果物は白人が11.2%、黒人が14.3%、ヒスパニック系が15.7%、野菜はそれぞれ9.5%、5.5%、10.5%であった。また、IPRが3.49超にて果物、野菜ともに高く(それぞれ13.0%、11.4%)、IPRが1.25~3.49ではそれぞれ11.3%、7.5%、IPRが1.25未満ではそれぞれ11.9%、7.0%であった。これらの結果は各州における適切な果物および野菜の摂取の推進に有用な情報であり、慢性疾患の予防に役立つものと考える。

References

  • US Department of Health and Human Services; US Department of Agriculture. 2015–2020 dietary guidelines for Americans. 8th ed. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; US Department of Agriculture; 2015. <https://health.gov/dietaryguidelines/2015/guidelines/>
  • Moore LV, Thompson FE. Adults meeting fruit and vegetable intake recommendations—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:709–13.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Overview: BRFSS2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2015/pdf/overview_2015.pdf>
  • Moore LV, Dodd KW, Thompson FE, Grimm KA, Kim SA, Scanlon KS. Using Behavioral Risk Factor Surveillance System data to estimate the percentage of the population meeting US Department of Agriculture food patterns fruit and vegetable intake recommendations. Am J Epidemiol 2015;181:979–88. <https://doi.org/10.1093/aje/kwu461>
  • Grimm KA, Foltz JL, Blanck HM, Scanlon KS. Household income disparities in fruit and vegetable consumption by state and territory: results of the 2009 Behavioral Risk Factor Surveillance System. J Acad Nutr Diet 2012;112:2014–21. <https://doi.org/10.1016/j.jand.2012.08.030>
  • Blanck HM, Gillespie C, Kimmons JE, Seymour JD, Serdula MK. Trends in fruit and vegetable consumption among U.S. men and women, 1994–2005. Prev Chronic Dis 2008;5:A35.
  • Pollard J, Kirk SF, Cade JE. Factors affecting food choice in relation to fruit and vegetable intake: a review. Nutr Res Rev 2002;15:373–87. <https://doi.org/10.1079/NRR200244>
  • Yeh MC, Ickes SB, Lowenstein LM, et al. Understanding barriers and facilitators of fruit and vegetable consumption among a diverse multi-ethnic population in the USA. Health Promot Int 2008;23:42–51. <https://doi.org/10.1093/heapro/dam044>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ