一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)会議概要:ジカ予防および対策のための避妊手段の利用・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/10Vol. 66 / No. 44

MMWR66(44):1230-1235
Meeting Summary: State and Local Implementation Strategies for Increasing Access to Contraception During Zika Preparedness and Response — United States, September 2016

会議概要:ジカ予防および対策のための避妊手段の利用向上における州および地域による戦略の実施 -アメリカ、2016年9月

妊娠中のジカウイルス感染は、胎児の小頭症など重篤な先天異常の原因となる。ジカウイルスのアウトブレイク中は妊娠を避けるか延期を望む生殖年齢の女性およびそのパートナーは、長期作用型可逆的避妊法(LARC)を含むFDA認可の全ての避妊手段にアクセスすべきである。2016年9月28日、Association of Maternal and Child Health Programs(AMCHP)とCDCは、ジョージア州アトランタにて会議を主催し、15州および11地域の保健衛生局および医療機関の代表者を招集し、ジカウイルス感染予防のための避妊サービスへのアクセス促進を目的としてCDCが作成した7つの戦略の各州における実施状況について討議した。7つの戦略は次のとおり、1) 公的/民間医療保険会社、製造者および行政機関との連携の促進、2) 全ての避妊サービスを対象とする医療機関への立て替え払いの実施、3) 避妊サービスおよび消耗品の流通や管理に関する問題の解消、4) エビデンスに基づいたLARC使用に関する医療者のトレーニング、5) 若者が利用しやすい生殖医療サービスの支援、6) 地域保健センターを含む小規模または地域の医療保健施設との連携、7) 使用対象者への認知度向上対策および使用者の満足度調査、である。アトランタ会議に先立ち、AMCHPは12州を対象にプレミーティングを実施し、州の避妊サービス促進の取り組みを評価し、CDCが定量的に解析した。その結果、1) 関係機関の連携の促進は12州のうち8州、3) 流通管理上の問題の解消は9州、4) 医療者のトレーニングは10州、5) 若者向けのサービスは11州、6) 地域や小規模施設との連携は9州で実施されていた。一方、2) 費用の立て替え払いは7州、7) 対象者への広報や満足度調査は4州での実施に留まった。アトランタ会議では、この結果をもとに問題点やその解消法について討議を行った。各州の取り組みにより避妊サービスへのアクセスを向上し、ジカウイルス感染に関連する望まない妊娠の低減が期待される。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Boulet SL, D’Angelo DV, Morrow B, et al. Contraceptive use among nonpregnant and postpartum women at risk for unintended pregnancy, and female high school students, in the context of Zika preparedness—United States, 2011–2013 and 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:780–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530e2>
  • Barbour RS, Barbour M. Evaluating and synthesizing qualitative research: the need to develop a distinctive approach. J Eval Clin Pract 2003;9:179–86. <https://doi.org/10.1046/j.1365-2753.2003.00371.x>
  • Rodriguez MI, Evans M, Espey E. Advocating for immediate postpartum LARC: increasing access, improving outcomes, and decreasing cost. Contraception 2014;90:468–71. <https://doi.org/10.1016/j.contraception.2014.07.001>
  • Ellington SR, Kourtis AP, Curtis KM, et al. Contraceptive availability during an emergency response in the United States. J Womens Health (Larchmt) 2013;22:189–93. <https://doi.org/10.1089/jwh.2012.4178>
  • Dehlendorf C, Fox E, Sobel L, Borrero S. Patient-centered contraceptive counseling: evidence to inform practice. Curr Obstet Gynecol Rep 2016;5:55–63. <https://doi.org/10.1007/s13669-016-0139-1>
  • Moniz MH, Dalton VK, Davis MM, et al. Characterization of Medicaid policy for immediate postpartum contraception. Contraception 2015;92:523–31. <https://doi.org/10.1016/j.contraception.2015.09.014>
  • Curtis KM, Tepper NK, Jatlaoui TC, et al. U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-03).
  • Curtis KM, Jatlaoui TC, Tepper NK, et al. U.S. selected practice recommendations for contraceptive use, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-04).
  • Gavin L, Moskosky S, Carter M, et al. Providing quality family planning services: recommendations of CDC and the U.S. Office of Population Affairs. MMWR Recomm Rep 2014;63(No. RR-04).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ