一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)水への環境的および未確定の曝露に関連した水系感染症・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/10Vol. 66 / No. 44

MMWR66(44):1222-1225

水への環境的および未確定の曝露に関連した水系感染症アウトブレイク ― アメリカ、2013~2014年

アメリカでの水系感染症アウトブレイクは多岐にわたる水曝露と関連し、National Outbreak Reporting Systemを通じて州および準州の保健部門により自発的にCDCへ報告されている。アウトブレイクの大半は飲料水または親水施設での曝露により生じ、その他では、水への環境的または未確定の曝露が原因である。2013~2014年では、水への環境的曝露に関連したアウトブレイクが15件、水への未確定の曝露に関連したアウトブレイクが12件報告されており、少なくても289例の疾患、108例の入院、17例の死亡の原因となっている。15件の環境的曝露に関連したアウトブレイクは10州から報告され、226症例が同定され、このうち入院は69例、死亡は9例であった。病原体が確認されたのは14件で、Giardia duodenalisが7件、Legionella pneumophilaが6件であった。レジオネラ症のアウトブレイクは、入院の90%(62例/69例)および死亡の全例を占めた。残り7例の入院は、Pseudomonas aeruginosaが原因の皮膚感染が関与したアウトブレイクに関連した。報告されたアウトブレイクの大半は急性呼吸器疾患(15件中6件、Legionellaが原因)または急性胃腸疾患(15件中8件、Giardiaが7件、不明1件)であった。Giardiaは天然水系(川、小川、泉)からの摂取に関連した7件のアウトブレイクのうちの6件の病因で、一方、Legionellaは人工の水系(水の貯蔵または再循環を目的としたインフラ)に関連した8件のアウトブレイクのうちの6件の病因であった。12件の水への未確定の曝露に関連したアウトブレイクは8州から報告され、63症例が同定され、このうち入院は39例、死亡は8例であった。Legionellaが原因の急性呼吸器疾患のアウトブレイクが11件(92%)を占め、すべての入院および死亡の原因であった。Cryptosporidiumが原因の急性胃腸疾患のアウトブレイクも、1件報告されている。水管理プログラムは、人工の水系での水への環境暴露によって引き起こされるアウトブレイクを効果的に防止する一方で、水の適切な使用処理は、天然水系からの水の摂取によるアウトブレイクを防ぐことができる。

References

  • Beer KD, Gargano JW, Roberts VA, et al. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:842–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6431a2>
  • Hlavsa MC, Roberts VA, Kahler AM, et al. Outbreaks of illness associated with recreational water—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:668–72.
  • CDC. National Outbreak Reporting System (NORS), user guidance—waterborne disease outbreaks. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/nors/pdf/cdc_5212_guidance.pdf>
  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water and other nonrecreational water—United States, 2009–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:714–20.
  • Beer KD, Gargano JW, Roberts VA, et al. Outbreaks associated with environmental and undetermined water exposures—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:849–51. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6431a3>
  • Garrison LE, Kunz JM, Cooley LA, et al. Vital Signs: deficiencies in environmental control identified in outbreaks of Legionnaires’ Disease — North America, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:576–84. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6522e1>
  • CDC. Developing a water management program to reduce Legionella growth and spread in buildings: a practical guide to implementing industry standards. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/legionella/maintenance/wmp-toolkit.html>
  • Benedict KM, Reses H, Vigar M, et al. Surveillance for waterborne disease and outbreaks associated with drinking water—United States, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1216–21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ