一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/10Vol. 66 / No. 44

MMWR66(44):1209-1215
Tobacco Product Use Among Adults — United States, 2015

成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2015年

アメリカでは、たばこの使用は依然として予防可能な疾患および死亡の主な原因である。成人での紙巻たばこの喫煙率は低下しているにもかかわらず、近年、たばこ製品の状況は変化している。過去のアメリカ成人におけるたばこ製品使用の推定値は、2013~2014年のサイクル後に終了したNational Adult Tobacco Surveyから得たものである。今年、CDCとFDAは、National Health Interview Survey(NHIS)の2015年のデータを初めて使用し、18歳以上のたばこ製品使用に関する最新の全国推定値を調査した。NHISは、特定の組織に属していないアメリカの一般市民に対し毎年実施される全国的な対面調査である。2015年の成人を対象とした中核となるアンケート調査の回答率は55.2%で、18歳以上の33,672例が含まれた。データは選択確率および非回答の差を調節し、全国的に代表する推定値を提供するために、重み付けをした。2015年では、20.1%が現在(毎日または数日)、何らかのタバコ製品を使用しており、17.6%が何らかの可燃性のタバコ製品を使用し、3.9%が2つ以上のタバコ製品を使用した。製品別では、紙巻きたばこが15.1%、電子たばこが3.5%、3.4%が葉巻、シガリロ、フィルター処理したリトルシガー、2.3%が無煙タバコ、1.2%がパイプたばこ、水たばこを使用した。何らかのたばこ製品の現在の使用者は男性(25.2%)が女性(15.4%)より多く、25~44歳(23.3%)で65歳以上(11.1%)よりも多かった。人種/民族別では、非ヒスパニック系アメリカ先住民/アラスカ先住民(26.6%)、多人種(25.4%)、白人(22.6%)、黒人(20.8%)で多く、アジア人(9.0%)で少なかった。国勢調査地域、学歴、結婚歴、世帯収入、性的指向、健康保険範囲、身体障害/制限、深刻な心理的苦痛により分類したたばこ製品の使用率は、中西部の居住者(24.0%)、GED保持者(高校卒業程度、37.6%)、独身/未婚/別居者(23.1%)または離婚/別離/死別(23.2%)、年間世帯収入が35,000ドル未満(27.8%)、レズビアン/ゲイ/バイセクシャル(LGB、27.4%)、保険未加入(32.3%)およびMedicaid受給者(31.7%)、身体障害者(25.8%)、深刻な心理的苦痛のある人(47.2%)で、他のグループより多かった。以上、包括的なたばこ規制プログラムの全面的な実施は、たばこ製品のFDA規制と併せて、たばこ製品のあらゆる分野で不可欠である。アメリカでのたばこ関連の疾患および死亡を減少させるために、たばこ製品使用の多様性に焦点をあてた介入が重要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • Hu SS, Neff L, Agaku IT, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:685–91. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6527a1>
  • Jamal A, King BA, Neff LJ, Whitmill J, Babb SD, Graffunder CM. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1205–11. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6544a2>
  • Garrett BE, Dube SR, Babb S, McAfee T. Addressing the social determinants of health to reduce tobacco-related disparities. Nicotine Tob Res 2015;17:892–7. <https://doi.org/10.1093/ntr/ntu266>
  • McAfee T, Babb S, McNabb S, Fiore MC. Helping smokers quit—opportunities created by the Affordable Care Act. N Engl J Med 2015;372:5–7. <http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMp1411437.https://doi.org/10.1056/NEJMp1411437>
  • Johnson SE, Holder-Hayes E, Tessman GK, King BA, Alexander T, Zhao X. Tobacco product use among sexual minority adults: findings from the 2012–2013 National Adult Tobacco Survey. Am J Prev Med 2016;50:e91–100. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.07.041>
  • US Department of Health and Human Services. E-cigarette use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://e-cigarettes.surgeongeneral.gov/documents/2016_SGR_Full_Report_non-508.pdf>
  • Gfroerer J, Dube SR, King BA, et al. Vital signs: current cigarette smoking among adults aged ≥18 years with mental illness—United States, 2009–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:81–7.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14. <https://doi.org/10.1093/aje/153.8.807>
  • Agaku IT, King BA. Validation of self-reported smokeless tobacco use by measurement of serum cotinine concentration among US adults. Am J Epidemiol 2014;180:749–54. <https://doi.org/10.1093/aje/kwu182>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ