一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ロタウイルスサーベイランスの実施とワクチン導入 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1192-1196
Implementation of Rotavirus Surveillance and Vaccine Introduction — World Health Organization African Region, 2007–2016

ロタウイルスサーベイランスの実施とワクチン導入 ― WHOアフリカ地域、2007年~2016年

ロタウイルスは重度の小児下痢症の原因となり、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国では2013年、5歳未満の小児約120,000人が死亡している。WHOは2009年、世界中すべての乳児に対しロタウイルスワクチンの接種を推奨しており、現在認可されているワクチンは2種類(RV1/グラクソスミスクライン;2回接種、RV5/メルク;3回接種)である。ここではWHOアフリカ地域におけるワクチン導入およびサーベイランスの現状について報告する。2016年12月までに、WHOアフリカ地域47カ国のうち31カ国(66%、RV1:26カ国、RV5:5カ国)にてワクチンが導入されており、接種率は77%、国別接種率はサントメプリンシペ:24%(2016年導入)~ルワンダ:98%(2012年導入)であった。ワクチン導入年別の接種率は、2014年以前に導入した国々でもっとも高かった(82%)。ワクチン導入前12カ国、導入後18カ国におけるサーベイランスデータの分析では、便検体におけるロタウイルス平均陽性率はワクチン導入前が41%[20%(エチオピア)~51%(トーゴ)]、導入後が24%[12%(マダガスカル)~41%(モーリシャス)]であった。導入前後のデータが分析された12カ国における平均陽性率は導入前:39%から導入後:26%へ33%(2~62%)低下しており、これらの国々におけるワクチン接種率は2016年にて82%であった。また、2015年以前にワクチンを導入した国における便検体のロタウイルス陽性率は2016年にて26%、非導入国では43%と有意差を認めた。以上、WHOアフリカ地域ではワクチンの導入によるロタウイルス疾患の発生率および死亡率の低下との関連性が示唆されており、今後もワクチン導入およびサーベイランスの強化が推進される。

References

  • Tate JE, Burton AH, Boschi-Pinto C, Parashar UD; World Health Organization–Coordinated Global Rotavirus Surveillance Network. Global, regional, and national estimates of rotavirus mortality in children <5 years of age, 2000–2013. Clin Infect Dis 2016;62(Suppl 2):S96–105. <https://doi.org/10.1093/cid/civ1013>
  • World Health Organization. Rotavirus vaccines: an update. Wkly Epidemiol Rec 2009;84:533–40.
  • World Health Organization. Immunization vaccines and biologicals database, September 2016. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/en/>
  • World Health Organization (WHO). WHO/UNICEF estimates of national immunization coverage. Geneva, Switzerland: World Health Organization/United Nations Children’s Fund; 2016. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/routine/coverage/en/index4.html>
  • World Health Organization (WHO). WHO vaccine-preventable diseases: monitoring system. 2017 global summary. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary/schedules>
  • Mwenda JM, Tate JE, Parashar UD, et al. African rotavirus surveillance network: a brief overview. Pediatr Infect Dis J 2014;33(Suppl 1):S6–8. <https://doi.org/10.1097/INF.0000000000000174>
  • World Health Organization. Rotavirus vaccines. WHO position paper—January 2013. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:49–64.
  • Soares-Weiser K, Maclehose H, Bergman H, et al. Vaccines for preventing rotavirus diarrhoea: vaccines in use. Cochrane Database Syst Rev 2012;11:CD008521.
  • Burnett E, Jonesteller CL, Tate JE, Yen C, Parashar UD. Global impact of rotavirus vaccination on childhood hospitalizations and mortality from diarrhea. J Infect Dis 2017;215:1666–72. <https://doi.org/10.1093/infdis/jix186>
  • Gavi, the Vaccine Alliance. Countries approved for support. Geneva, Switzerland, Gavi; 2017. <http://www.gavi.org/results/countries-approved-for-support/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ