一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)パイロットサーベイランスシステムにて確認されたヒト・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1182-1184
Harmful Algal Bloom–Associated Illnesses in Humans and Dogs Identified Through a Pilot Surveillance System — New York, 2015

パイロットサーベイランスシステムにて確認されたヒトおよびイヌにおける有害藻類ブルームによる疾患 ― ニューヨーク州、2015年

有害藻類ブルーム(HAB)には藍藻類として知られるシアノバクテリアなどがあり、ヒトや動物に疾患をもたらす。ニューヨーク州では2015年、HAB関連疾患が139件報告されている。今回、2015年6~9月のHAB関連疾患の特徴を明らかにするため、New York State Department of Health (NYSDOH)は州内16郡にてパイロットサーベイランスシステムを実施した。この期間、NYSDOHにはHAB関連疾患は51件報告され、35件(68.8%、ヒト:32件、イヌ:3件)がCDCの症例基準を満たした。年齢中央値はヒトが24(2~63)歳、イヌが7(2~12)歳、ヒトは18例(56%)が女性、イヌは1頭がメスであった。ヒトは確診例が1例(3%)、可能性例が2例(57%)、疑い例が11例(31%)、イヌはすべてが可能性例であった。ヒトで認められた症状は皮膚トラブル(発疹など)が22例、呼吸器症状(咳、空咳)が16例、胃腸症状(腹痛、下痢、悪心、嘔吐)が15例、その他(寒気、筋肉痛、涙目)が13例であり、入院例および死亡例は認めなかった。HABへの接触は全例、レクリエーション用水によるものであり、活動は水泳(28例、88%)、ウエイクボード/ジェットスキー/水上スキー/チュービング(7例、22%)、ボート(7例、22%)、子供用プール(6例、19%)、個人所有の小型船(4例、13%)であった。イヌは3頭とも胃腸症状を示し、2頭が入院し、1頭は未処置にて回復し、死亡したイヌはなかった。

References

  • CDC. Harmful algal bloom (HAB)–associated illness: general information. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/habs/general.html>
  • Manganelli M, Scardala S, Stefanelli M, et al. Emerging health issues of cyanobacterial blooms. Ann Ist Super Sanita 2012;48:415–28. <https://doi.org/10.4415/ANN_12_04_09>
  • Backer LC, Manassaram-Baptiste D, LePrell R, Bolton B. Cyanobacteria and algae blooms: review of health and environmental data from the Harmful Algal Bloom-Related Illness Surveillance System (HABISS) 2007–2011. Toxins (Basel) 2015;7:1048–64. <https://doi.org/10.3390/toxins7041048>
  • Bernstein JA, Ghosh D, Levin LS, et al. Cyanobacteria: an unrecognized ubiquitous sensitizing allergen? Allergy Asthma Proc 2011;32:106–10. <https://doi.org/10.2500/aap.2011.32.3434>
  • Pilotto L, Hobson P, Burch MD, Ranmuthugala G, Attewell R, Weightman W. Acute skin irritant effects of cyanobacteria (blue-green algae) in healthy volunteers. Aust N Z J Public Health 2004;28:220–4. <https://doi.org/10.1111/j.1467-842X.2004.tb00699.x>
  • Backer LC, Miller M. Sentinel animals in a One Health approach to harmful cyanobacterial and algal blooms. Vet Sci 2016;3:8. <https://doi.org/10.3390/vetsci3020008>
  • Hilborn ED, Beasley VR. One Health and cyanobacteria in freshwater systems: animal illnesses and deaths are sentinel events for human health risks. Toxins (Basel) 2015;7:1374–95. <https://doi.org/10.3390/toxins7041374>
  • CDC. One Health Harmful Algal Bloom System (OHHABS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/habs/ohhabs.html>
  • US Environmental Protection Agency. Guidelines and recommendations. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2016. <https://www.epa.gov/nutrient-policy-data/guidelines-and-recommendations>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ