一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)19~35カ月齢の小児におけるワクチン接種率 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1171-1177
Vaccination Coverage Among Children Aged 19–35 Months — United States, 2016

19~35カ月齢の小児におけるワクチン接種率 ― アメリカ、2016年

2016年のNational Immunization Survey-Child(NIS-Child)データより、19~35カ月齢の小児におけるワクチン接種率について分析した。各ワクチンの接種率のうち、90%を超えるものはポリオウイルス(3回以上) :91.9%、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹ワクチン(MMR:1回以上):91.1%、水痘ワクチン(1回以上):90.6%、HepB(3回以上):90.5%であり、HepA(2回以上):60.6%、7ワクチンシリーズ(DTap:4回以上、ポリオ:3回以上、麻疹含有ワクチン:1回以上、Hib:3または4回以上、HepB:3回以上、水痘:1回以上、PCV:4回以上):70.7%、HepB(誕生時):71.1%、ロタウイルス(完了):74.1%の接種率は低かった。また、完全未接種率は0.8%であった。人種/民族別接種率は白人小児に比べ黒人小児ではDTap、Hib、PCV、HepA、ロタウイルスおよび7ワクチンシリーズ接種率が低かった。また、連邦貧困水準以下の小児はほとんどのワクチン接種率が貧困水準または水準以上の小児に比べ低く、とくにロタウイルス(78.2% vs 65.5%)、PCV(4回以上、84.2% vs 76.8%)、7ワクチンシリーズ(72.5% vs 66.0%)、Hib完全接種(83.6% vs 77.4%)にて大きな差を認めた。加入する医療保険別では、民間の医療保険に加入する小児に比べMedicaidに加入する小児はポリオ(3回以上)、水痘(1回以上)、ロタウイルスの接種率がそれぞれ-2.5%、-2.5%、-12.0%低く、保険未加入の小児はHepB(3回以上)、PCV(4回以上)の接種率がそれぞれ-12.4%、-24.9%低かった。また、未接種率は未加入:3.4%、Medicaid:0.8%、民間医療保険:0.6%であった。2015年との比較では、DTaP(3回以上)、ポリオ(3回以上)、Hib(初回シリーズ)、HepB(3回以上)、PCV(3、4回以上)の接種率がそれぞれ1.3%、1.8%、1.5%、1.9%、1.5%、2.3%低かった。以上、年齢に適したワクチン接種を推進するには、人種/民族、貧困水準や医療保険による格差を是正する事が重要であることが示唆される。

References

  • Zhou F, Shefer A, Wenger J, et al. Economic evaluation of the routine childhood immunization program in the United States, 2009. Pediatrics 2014;133:577–85. <https://doi.org/10.1542/peds.2013-0698>
  • Robinson CL; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:86–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6504a4>
  • CDC. Evaluating vaccination coverage trends with the National Immunization Survey-Child (NIS-Child), 2012–2016, United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/vaccines/imz-managers/coverage/childvaxview/pubs-presentations/NIS-vax-trends-2012-2016.html>
  • Allen EM, Call KT, Beebe TJ, McAlpine DD, Johnson PJ. Barriers to care and health care utilization among the publicly insured. Med Care 2017;55:207–14. <https://doi.org/10.1097/MLR.0000000000000644>
  • Smith PJ, Stevenson J, Chu SY. Associations between childhood vaccination coverage, insurance type, and breaks in health insurance coverage. Pediatrics 2006;117:1972–8. <https://doi.org/10.1542/peds.2005-2414>
  • Hill HA, Elam-Evans LD, Yankey D, Singleton JA, Dietz V. Vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1065–71. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6539a4>
  • Yankey D, Hill HA, Elam-Evans LD, et al. Estimating change in telephone survey bias in an era of declining response rates and transition to wireless telephones—evidence from the National Immunization Survey (NIS), 1995–2013. Presented at the 2015 American Association for Public Opinion Research 70th Annual Conference, Hollywood, FL; May 14–17, 2015.
  • Murthy N, Rodgers L, Pabst L, Fiebelkorn AP, Ng T. Progress in childhood vaccination data in immunization information systems— United States, 2013–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1178–81.
  • Wolter KM, Pineau VJ, Skalland B, et al. Total survey error assessment for sociodemographic subgroups in the 2012 U.S. National Immunization Survey. In: Biemer PP, de Leeuw E, Eckman S, Edwards B, Kreuter F, Lyberg LE, eds. Total survey error in practice. New York, NY: John Wiley and Sons; 2017.
  • Skalland B, Wolter K, Ma Q, et al. A total survey error framework and assessment for the 2013 National Immunization Survey. Presented at the International Total Survey Error Workshop, Sydney, Australia; October, 2016.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ