一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)糖尿病診断例における糖尿病による末期腎疾患の発症率・・・

MMWR抄訳

rss

2017/11/03Vol. 66 / No. 43

MMWR66(43):1165-1170
Incidence of End-Stage Renal Disease Attributed to Diabetes Among Persons with Diagnosed Diabetes — United States and Puerto Rico, 2000–2014

糖尿病診断例における糖尿病による末期腎疾患の発症率 ― アメリカおよびプエルトリコ、2000~2014年

2014年、アメリカおよびプエルトリコにて末期腎疾患(ESRD、透析または移植を必要とする腎不全など)の治療を開始した患者は120,000例であり、うち44%(約53,000例)はESRDの主な原因として糖尿病が挙げられている(ESRD-D)。ESRD-D治療を開始する患者は1980年以降増加しているが、糖尿病診断例におけるESRD-D発症率は1990年代半ばより減少している。今回、アメリカ全体および各州、ワシントンDC、プエルトリコにおけるESRD-D発症率について、2000~2014年のU.S. Renal Data SystemおよびBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータを分析した。その結果、2000~2014年、アメリカ、ワシントンDCおよびプエルトリコにてESRD-D治療を開始した18歳以上の成人患者は42,236例(州別患者数=32~5,117)から53,382例(同47~7,228)に増加した[平均年間変化率(AAPC):1.5%/年]。また、この期間、47州、DCおよびプエルトリコにおける年齢調整ESRD-D発症率は10万人あたり260.2[171.2(オレゴン州)~569.6(ワシントンDC)]から173.9[81.7(ニューハンプシャー州)~363.6(ハワイ州)]へ33%低下した(AAPC:-2.8%/年)。カンザス州およびユタ州ではそれぞれ2000~2011年、2000~2012年に有意に低下し(AAPCはそれぞれ-6.0%/年、-5.6%/年)、その後はほぼ一定であった。また、カリフォルニア、ハワイ、ミシシッピおよびモンタナ州では有意な低下は認めなかった。2000年の発症率が10万人あたり217.5以上であった州は41州およびワシントンDC、プエルトリコであり、164.5未満の州はなかったが、2014年は217.5以上の州は5州およびワシントンDC、164.5未満の州は24州認めた。ESRD-D発症率の低下傾向は腎不全のリスクの認識、糖尿病治療の改善および糖尿病の予防によるものであり、この傾向は今後も継続すると思われる。

References

  • United States Renal Data System (USRDS). 2017 USRDS annual data report: epidemiology of kidney disease in the United States. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases; 2016. <https://www.usrds.org/adr.aspx>
  • CDC. U.S. Diabetes Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://gis.cdc.gov/grasp/diabetes/DiabetesAtlas.html>
  • Gregg EW, Li Y, Wang J, et al. Changes in diabetes-related complications in the United States, 1990–2010. N Engl J Med 2014;370:1514–23. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1310799>
  • CDC. Surveillance Resource Center: methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://www.cdc.gov/surveillancepractice/reports/brfss/brfss.html>
  • Kim HJ, Fay MP, Feuer EJ, Midthune DN. Permutation tests for joinpoint regression with applications to cancer rates. Stat Med 2000;19:335–51. <https://doi.org/10.1002/(SICI)1097-0258(20000215)19:3<335::AID-SIM336>3.0.CO;2-Z>
  • Afkarian M, Zelnick LR, Hall YN, et al. Clinical manifestations of kidney disease among US adults with diabetes, 1988–2014. JAMA 2016;316:602–10. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.10924>
  • CDC. National chronic kidney disease fact sheet, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/diabetes/pubs/pdf/kidney_factsheet.pdf>
  • American Diabetes Association. Standard of medical care in diabetes—2017. Diabetes Care 2017;40(Suppl 1):S75–98.
  • Albright AL, Gregg EW; National Diabetes Prevention Program. Preventing type 2 diabetes in communities across the U.S.: the National Diabetes Prevention Program. Am J Prev Med 2013;44(Suppl 4):S346–51. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2012.12.009>
  • Saydah SH, Geiss LS, Tierney E, Benjamin SM, Engelgau M, Brancati F. Review of the performance of methods to identify diabetes cases among vital statistics, administrative, and survey data. Ann Epidemiol 2004;14:507–16. <https://doi.org/10.1016/j.annepidem.2003.09.016>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ