一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アウトブレイクの原因としての髄膜炎菌血清型C群の迅・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/27Vol. 66 / No. 42

MMWR66(42):1144-1147
Rapid Laboratory Identification of Neisseria meningitidis Serogroup C as the Cause of an Outbreak — Liberia, 2017

アウトブレイクの原因としての髄膜炎菌血清型C群の迅速な検査による同定 ― リビエラ、2017年

2017年4月25日に、リビエラのシノエ郡で4月21~22日に行われた葬式の出席者間に、説明のつかない疾患および死亡の一群が報告された。疾患は、2017年4月21日から4月30日にかけて発生した。アウトブレイク症例は、シノエ郡に居住または訪問した患者において、2017年4月10日以降に頭痛、嘔吐、精神錯乱、衰弱のいずれかを2つ以上含む症状を発症した場合と定義された。この定義を使用して13例(43%)の死亡を含む31例が同定され、報告された主な徴候および症状は、衰弱(90%)、腹痛(81%)、頭痛(77%)、嘔吐(65%)で、発熱は19%のみであった。葬儀の出席者間で、リベリア外の旅行の報告はなかった。アウトブレイク集団を同定してすぐに、患者の口腔スワブおよび血液検体を試験し、エボラウイルスおよびラッサ熱ウイルスは除外された。2017年5月5日のTaqman Array Card(TAC)アッセイを使用した4例の死亡例からの検体の最初の多病原体試験では、全ての検体から髄膜炎菌が同定された。その後のダイレクトリアルタイムPCRを使用した試験では、検体が利用可能であった24例のうち14例(58%)で髄膜炎菌が確認され、13例(54%)で血清学型C群(NmC)であった。死亡した13例のうち、11例の検体から髄膜炎菌が検出され、他の2例の利用できる検体はなかった。2017年5月16日に、リベリアのNational Public Health Institute および保健省は、リベリアにおけるこのアウトブレイクの原因として血清学型C群髄膜炎菌性疾患を確認したプレスリリースを発表した。アウトブレイクの迅速および正確な検出は、公衆衛生当局者の素早い対応および適切な管理法の実施を可能にする。今回、原因不明のアウトブレイクの診断において、TACアッセイおよびダイレクトリアルタイムPCRの利用が有効であった。

References

  • Doedeh J, Frimpong JA; Yealue II KDM, et al. Rapid field response to a cluster of illnesses and deaths in Sinoe County—Liberia, April–May, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:1140–3.
  • Lodder MC, Schildkamp RL, Bijlmer HA, Dankert J, Kuik DJ, Scholten RJ. Prognostic indicators of the outcome of meningococcal disease: a study of 562 patients. J Med Microbiol 1996;45:16–20. <https://doi.org/10.1099/00222615-45-1-16>
  • Rumbus Z, Matics R, Hegyi P, et al. Fever is associated with reduced, hypothermia with increased mortality in septic patients: a meta-analysis of clinical trials. PLoS One 2017;12:e0170152. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0170152>
  • Trotter CL, Lingani C, Fernandez K, et al. Impact of MenAfriVac in nine countries of the African meningitis belt, 2010–15: an analysis of surveillance data. Lancet Infect Dis 2017;17:867–72. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(17)30301-8>
  • Sidikou F, Zaneidou M, Alkassoum I, et al.; MenAfriNet consortium. Emergence of epidemic Neisseria meningitidis serogroup C in Niger, 2015: an analysis of national surveillance data. Lancet Infect Dis 2016;16:1288–94. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(16)30253-5>
  • Kodani M, Yang G, Conklin LM, et al. Application of TaqMan low-density arrays for simultaneous detection of multiple respiratory pathogens. J Clin Microbiol 2011;49:2175–82. <https://doi.org/10.1128/ JCM.02270-10>
  • Campbell H, Parikh SR, Borrow R, Kaczmarski E, Ramsay ME, Ladhani SN. Presentation with gastrointestinal symptoms and high case fatality associated with group W meningococcal disease (MenW) in teenagers, England, July 2015 to January 2016. Euro Surveill 2016;21:30175. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2016.21.12.30175>
  • Greenwood BM, Bradley AK, Cleland PG, et al. An epidemic of meningococcal infection at Zaria, Northern Nigeria. 1. General epidemiological features. Trans R Soc Trop Med Hyg 1979;73:557–62. <https://doi.org/10.1016/0035-9203(79)90052-X>
  • Evans-Jones LG, Whittle HC, Onyewotu II, Egler LJ, Greenwood BM. Comparative study of group A and group C meningococcal infection. Arch Dis Child 1977;52:320–3. <https://doi.org/10.1136/adc.52.4.320
  • Bronska E, Kalmusova J, Dzupova O, Maresova V, Kriz P, Benes J. Dynamics of PCR-based diagnosis in patients with invasive meningococcal disease. Clin Microbiol Infect 2006;12:137–41. <https://doi.org/10.1111/j.1469-0691.2005.01327.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ