一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)エボラウイルス疾患流行後の5歳未満の小児の死亡報告・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/20Vol. 66 / No. 41

MMWR66(41):1116-1118
Reporting Deaths Among Children Aged <5 Years After the Ebola Virus Disease Epidemic — Bombali District, Sierra Leone, 2015–2016

エボラウイルス疾患流行後の5歳未満の小児の死亡報告 ― ボンバリ地区、シエラレオネ、2015年~2016年

2015年1月~2016年11月、シエラレオネ、ボンバリ地区のボンバリセボラ首長支配地区(人口約161,000)における5歳未満の小児死亡例について、報告方法による死亡確認の相違と報告の完全性について評価を行った。シエラレオネにおける5歳未満の小児の死亡率は出生児1,000名あたり120と推定されており[乳児(生後1年未満):87、新生児(生後28日未満):35、死産:27]、祖出生率は1,000人あたり34.2と推定されている。この期間に確認された死産は172例、5歳未満の小児死亡は930例(新生児:249例、乳児:247例、1~4歳:434例)であり、複数の経路による報告が11%であった。死亡例のほとんど(600例、65%)は電話(コール117)による報告であり、医療施設からの報告は187例(20%)、45例(5%)は死亡証明によるものであった。電話による報告は2015年が81%、2016年が65%と減少していた。推定死亡例に対する割合は2015年が92%、2016年が53%であり、乳児死亡に関しては推定死亡例に対する割合は2015年が70%、2016年が37%であった。死産に関しては推定数277に対し報告数は172(67%)であり、報告経路は電話が107(62%)、医療施設が53(31%)、死亡証明は1例のみであり、11例(6%)が複数から報告されていた。コール117はエボラウイルス疾患のアウトブレイクを受けて設立された報告システムであり、これにより5歳未満の小児の死亡数のサーベイランスが改善していたことが明らかとなり、今後もこのシステムの利用を推進するとともに、サーベイランスの強化のためさらなる戦略の必要性が示唆された。

References

  • United Nations Children’s Fund. Levels and trends in child mortality. Report 2015. Estimates developed by UN inter-agency group for child mortality estimation. New York, New York: United Nations Children’s Fund; 2015. <http://www.childmortality.org/files_v20/download/igme%20report%202015%20child%20mortality%20final.pdf>
  • Wang H, Bhutta ZA, Coates MM, et al.; GBD 2015 Child Mortality Collaborators. Global, regional, national, and selected subnational levels of stillbirths, neonatal, infant, and under-5 mortality, 1980–2015: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2015. Lancet 2016;388:1725–74. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(16)31575-6>
  • CDC. Sierra Leone (IDSR) (GHSA) in action. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/globalhealth/security/stories/sierra-leone-idsr-ghsa-in-action-story.html>
  • Miller LA, Stanger E, Senesi RG, et al. Use of a nationwide call center for Ebola response and monitoring during a 3-day house-to-house campaign—Sierra Leone, September 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:28–9.
  • United Nations Population Division. World population prospects 2017. New York, New York: United Nations; 2017. <https://esa.un.org/unpd/wpp/>
  • Blencowe H, Cousens S, Jassir FB, et al.; Lancet Stillbirth Epidemiology Investigator Group. National, regional, and worldwide estimates of stillbirth rates in 2015, with trends from 2000: a systematic analysis. Lancet Glob Health 2016;4:e98–108. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(15)00275-2>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ