一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊娠中のTdapワクチン接種率 ― 選択州、アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/20Vol. 66 / No. 41

MMWR66(41):1105-1108
Tdap Vaccination Coverage During Pregnancy — Selected Sites, United States, 2006–2015

妊娠中のTdapワクチン接種率 ― 選択州、アメリカ、2006年~2015年

Tdap(破傷風、ジフテリア、百日咳)ワクチンは百日咳に関連する罹患および死亡リスクがある場合、妊娠第3期の接種が推奨されている。薬物治療と先天性異常に関する症例-コントロールサーベイランスの一部としてボストン大学が行うBirth Defects Studyでは、2006年以降、妊娠中のワクチン接種に関するデータが記録されている。今回、2006年~2015年に構造的先天性異常を認めない乳児の母親(対照群)5,606名のTdapワクチン接種率について分析が行われた。接種を受けた女性は849名(15%)であり、うち83%は接種記録が確認されたが、17%は自己申告によるものであった。接種率は、2010年以前は1%未満であり、2010年が5%、2012年が9%となり、その後増加し、2013年が28%(ボストン:34%、フィラデルフィア:32%)、2014年が48%、2015年が54%(フィラデルフィア:64%、ボストン:56%、サンディエゴ:52%、ニューヨーク:44%)となっている。出産した全ての女性における妊娠時期別の接種率は、妊娠第1期は約1%を維持、第2期は1~5%、第3期は4%(2010年)~49%(2015年)であった。接種は96%が医療施設(産科医またはプライマリケア医のオフィスまたは妊婦診療所)で行われていた。妊娠女性のTdapワクチン接種の増加は乳児罹患率および死亡率への百日咳の影響を抑制すると考えられ、最近の研究では妊娠第3期のTdapワクチン接種は産後の接種に比べ2カ月齢未満の乳児における百日咳の予防効果が85%高いことが示されている。

References

  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:131–5.
  • Tanaka M, Vitek CR, Pascual FB, Bisgard KM, Tate JE, Murphy TV. Trends in pertussis among infants in the United States, 1980–1999. JAMA 2003;290:2968–75. <https://doi.org/10.1001/jama.290.22.2968>
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women and persons who have or anticipate having close contact with an infant aged <12 months—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1424–6.
  • Kharbanda EO, Vazquez-Benitez G, Lipkind HS, et al. Maternal Tdap vaccination: coverage and acute safety outcomes in the vaccine safety datalink, 2007–2013. Vaccine 2016;34:968–73. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2015.12.046>
  • Louik C, Kerr S, Van Bennekom CM, et al. Safety of the 2011–12, 2012–13, and 2013–14 seasonal influenza vaccines in pregnancy: preterm delivery and specific malformations, a study from the case-control arm of VAMPSS. Vaccine 2016;34:4450–9. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2016.06.078>
  • Louik C, Chambers C, Jacobs D, Rice F, Johnson D, Mitchell AA. Influenza vaccine safety in pregnancy: can we identify exposures? Pharmacoepidemiol Drug Saf 2013;22:33–9. <https://doi.org/10.1002/pds.3336>
  • Kharbanda EO, Vazquez-Benitez G, Lipkind H, et al. Receipt of pertussis vaccine during pregnancy across 7 Vaccine Safety Datalink sites. Prev Med 2014;67:316–9. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2014.05.025>
  • Jacobs D, Louik C, Dynkin N, Mitchell AA. Accuracy of maternal report of influenza vaccine exposure in pregnancy. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2011;20:S360.
  • Winter K, Cherry JD, Harriman K. Effectiveness of prenatal tetanus, diphtheria, and acellular pertussis vaccination on pertussis severity infants. Clin Infect Dis 2017;64:9–14. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw633>
  • Winter K, Nickell S, Powell M, Harriman K. Effectiveness of prenatal versus postpartum tetanus, diphtheria, and acellular pertussis vaccination in preventing infant pertussis. Clin Infect Dis 2017;64:3–8. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw634>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ