一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)女性のHIV検査、HIV医療ケアへのリンクおよびパ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/20Vol. 66 / No. 41

MMWR66(41):1100-1104
HIV Testing, Linkage to HIV Medical Care, and Interviews for Partner Services Among Women — 61 Health Department Jurisdictions, United States, Puerto Rico, and the U.S. Virgin Islands, 2015

女性のHIV検査、HIV医療ケアへのリンクおよびパートナーサービスに関するインタビュー ― 61の保健省管轄区、アメリカ、プエルトリコおよびアメリカ領バージン諸島、2015年

HIV感染症と診断される女性は2011~2015年にて17%減少し、2015年の診断例は7,498例である。黒人およびアフリカ系アメリカ人(黒人)女性はアメリカの女性の12%に過ぎないが、HIV新規診断例の約60%を占めている。2014年末の時点で255,900人のHIV感染症女性が生存すると推定されており、うち12%は感染を自覚しておらず、また、約45%の女性がウイルス抑制に達していない。2015年、CDCはアメリカ、プエルトリコおよびアメリカ領バージン諸島にて61の州および地域の保健省と123の地域社会組織(CBO)によるHIV検査および関連サービスに資金提供し、保健省およびCBOはCDCに対し実施したサービスに関する報告を行っている。2015年、CDCにより3,030,068回のHIV検査が実施され、うち1,454,499回(48%)は女性に行われた。年齢別では20~29歳(41%)、人種別では黒人(49%)、地域別では南部(62%)がもっとも多く、HIV罹患率がmedium~highの地域では97%に行われ、また、検査の実施場所は医療施設(83%)が多かった。陽性例は4,749例であり、うち新規診断例は2,951例(62%)であった。新規例は年齢の高い症例に多く、20~29歳を基準とした場合の補正有病比(aPR)は30~39歳:1.69、40~49歳:2.58、50歳以上:2.53であった。黒人女性は新規例の58%を占め、白人女性に対するaPRは1.31であった。また、地域別では南部に対するaPRは北東部%1.65、中西部:1.24、西部:1.59、プエルトリコ/バージン諸島:2.26であった。新規診断例1,798例のうち、1,104例(61%)は90日以内にHIV医療ケアを受診(北東部:72%、プエルトリコ/バージン諸島79%、西部:63%、中西部:52%、南部:59%)していた。既診断例2,951例では1,474例(58%)が90日以内にHIV医療ケアを受け、黒人が57%、白人が65%、地域別では北東部が78%、西部が86%、中西部が58%、プエルトリコ/バージン諸島が64%、南部が53%であった。HIV検査の強化、医療ケアへのリンクと同様、既診断例でケアを受けていない症例、とくに黒人女性に医療ケアを受けさせることが健康転帰を改善し、感染の拡大の予防に有効である。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report, 2015, vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2015-vol-27.pdf>
  • US Census Bureau. Population estimates [entire data set]. Washington, DC: US Census Bureau; 2015. <https://factfinder.census.gov/faces/nav/jsf/pages/index.xhtml>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2015. HIV surveillance supplemental report 2017, vol. 22, no. 2. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-22-2.pdf>
  • Zou G. A modified Poisson regression approach to prospective studies with binary data. Am J Epidemiol 2004;159:702–6. <https://doi.org/10.1093/aje/kwh090>
  • Cargill VA. Linkage, engagement, and retention in HIV care among vulnerable populations: “I’m sick and tired of being sick and tired.” Top Antivir Med 2013;21:133–7.
  • Gaston GB, Alleyne-Green B. The impact of African Americans’ beliefs about HIV medical care on treatment adherence: a systematic review and recommendations for interventions. AIDS Behav 2013;17:31–40. <https://doi.org/10.1007/s10461-012-0323-x>
  • Gaston GB. African-Americans’ perceptions of health care provider cultural competence that promote HIV medical self-care and antiretroviral medication adherence. AIDS Care 2013;25:1159–65. <https://doi.org/10.1080/09540121.2012.752783>
  • CDC. Recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. MMWR Recomm Rep 2008;57(No. RR-09).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ