一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)HIV感染症と診断されたヒスパニック系やラテン系人・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/13Vol. 66 / No. 40

MMWR66(40):1065-1072
HIV Care Outcomes Among Hispanics or Latinos with Diagnosed HIV Infection — United States, 2015

HIV感染症と診断されたヒスパニック系やラテン系人におけるHIV治療の転帰 ― アメリカ、2015年

CDCのNational HIV Surveillance System(NHSS)による最近のデータでは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症の影響はヒスパニック系やラテン系人に偏っていることが示されている。HIV感染症と診断されたヒスパニック系/ラテン系では、治療およびウイルス抑制が非ヒスパニック系白人と比べ低水準であるが、黒人またはアフリカ系アメリカ人よりも高水準でもある。年間でヒスパニック系/ラテン系がHIV感染と診断される割合は非ヒスパニック系白人と比べ3倍高く、最近の研究では男性と性交する男性における発生率が上昇している。2013年にHIV感染症と診断され2014年に生存していた集団において、HIVの治療を受けた割合は、ヒスパニック系/ラテン系で70.2%、非ヒスパニック系白人で76.1%であった。CDCはNHSSデータを使用し、ヒスパニック系/ラテン系におけるHIV治療の転帰を調査した。2015年では、38の管轄区で6,707人のヒスパニック系/ラテン系がHIV感染症と診断された。このうち、診断時のステージは、1が24.5%、2が33.6%、3が23.1%、不明が18.8%であった。年齢別のグループでは、早期(ステージ1または2)で発見されたのは13~24歳が最も多く(ステージ1:30.8%、ステージ2:41.1%)、次いで25~34歳(ステージ1:24.3%、ステージ2:36.8%)で、年齢が上がるにつれて早期での診断は減少した。また、異性との性的接触が感染原因の男性が少なく(34.6%)、早期のステージで発見されたのに対し(ステージ1:12.0%、ステージ2:22.6%)、男性同士の性的接触が感染の原因となった男性(60.9%)では、ステージ1が25.2%、ステージ2が35.7%であった。全体で診断から1カ月以内に75.4%が治療に結び付き、パーセンテージは年齢が上がるにつれ増加したが、注射薬使用(IDU)が感染原因では45~54歳の女性では最も低かった(61.4%)。HIV感染症のヒスパニック系/ラテン系の58.3%が治療を保持し、58.2%でウイルスが抑制された。治療およびウイルス抑制レベルは、IDUが感染原因の男性で最も低く、異性愛者の女性で最も高かった。すべての年齢グル―プで、13~24歳が治療の維持が最も効率であったが、ウイルス抑制は最も低下した。国のHIV予防目標を達成するためには、ヒスパニック系/ラテン系、特にIDU者での治療およびウイルス抑制への関与を高めるための有効な介入および公衆衛生戦略の開発および実施を強化する必要がある。

References

  • CDC. Division of HIV/AIDS Prevention’s strategic plan. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/dhap/strategicplan/>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2015. HIV surveillance supplemental report 2017; vol. 22, no. 2. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/hiv-surveillance.html>
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report, vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/hiv-surveillance.html>
  • Singh S, Song R, Satcher Johnson A, McCray E, Hall HI. Estimating HIV incidence, prevalence and undiagnosed infection in men who have sex with men in the United States. Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, Seattle, Washington, February 13–16, 2017.
  • CDC. Compendium of evidence-based interventions and best practices for HIV prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/prevention/research/compendium/ma/index.html>
  • Selik RM, Mokotoff ED, Branson B, Owen SM, Whitmore S, Hall HI. Revised surveillance case definition for HIV infection—United States, 2014. MMWR Recomm Rep 2014;63(No. RR-03).
  • Hall HI, Tang T, Johnson AS, Espinoza L, Harris N, McCray E. Timing of linkage to care after HIV diagnosis and time to viral suppression. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;72:e57–60. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000000989>
  • Gant Z, Bradley H, Hu X, Skarbinski J, Hall HI, Lansky A. Hispanics or Latinos living with diagnosed HIV: progress along the continuum of HIV care—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:886–90.
  • Moore RD. Epidemiology of HIV infection in the United States: implications for linkage to care. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 2):S208–13. <https://doi.org/10.1093/cid/ciq044>
  • CDC. High-impact HIV prevention: CDC’s approach to reducing HIV infections in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies_NHPC_Booklet.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ