一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカおよび全・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/06Vol. 66 / No. 39

MMWR66(39):1043-1051
Update: Influenza Activity — United States and Worldwide, May 21–September 23, 2017

最新情報:インフルエンザ活性 ― アメリカおよび全世界、2017年5月21日~9月23日

2017年5月21日~9月23日におけるインフルエンザ活性について報告する。この期間、U.S. WHOおよびNational Respiratory and Enteric Virus Surveillance Systemの臨床研究室において、153,397の呼吸器検体が検査され、3,785検体(2.5%)が陽性であった[A型1,885検体(49.8%)、B型1,900検体(50.2%)]。公衆衛生検査室では6,431検体が検査され、1,536検体が陽性であった[A型842検体(54.8%)、B型694検体(45.2%)]。A型828検体(98.3%)の血清型分析では715検体(86.4%)がA(H3N2)、113検体(13.6%)がA(H1N1)pdm09ウイルスであり、B型537検体(77.4%)の系統は398検体(74.1%)がB/Yamagata、139検体(25.9%)がB/Victoriaであった。また、この期間におけるインフルエンザ様疾患による受診率は0.7~1.2%と全国基準値(2.2%)を下回り、肺炎およびインフルエンザ関連死亡率は5.1~6.1%と流行閾値を下回った。インフルエンザによる小児の死亡例は4例[A(H3N2):2例、A(H1N1)pdm09:1例、B型:1例]であった。新規インフルエンザA型ウイルスによる感染例は51例(18歳未満:47例、50歳以上:4例)報告され、H3N2vウイルスは31例(デラウエア州1例、メリーランド州13例、ノースダコタ州1例、ペンシルベニア州1例、オハイオ州15例)、H1N2vウイルスは2例(ともにオハイオ州)であった。全例、発症の1週間前にブタとの接触があり、ヒトからヒトへの感染は認められていない。世界的には南半球温帯地域にて典型的な季節性インフルエンザ活性が認められ、ヨーロッパおよび北米温帯地域での活性は低かった。熱帯地域ではインフルエンザ活性および優勢型は国により異なっていた。WHOはこの期間における鳥インフルエンザウイルス感染の確診例は100例と報告し、全例、中国での症例であり、99例はアジア系ウイルスA(H7N9)、1例はA(H9N9)感染であった。ヒトへの感染例は計764例となり、うち283例(37%)が死亡している。抗原性の解析ではA、B型ともに2017-18北半球インフルエンザワクチン成分と類似しており、薬剤感受性試験では検査した検体すべてが[A(H3N2)が231検体、Bが180検体]、オセルタミビル、ザナミビル、ペラミビル感受性を示したが、アダマンタン誘導体(アマンタジン、リマンタジン)には高い耐性を示したため、これらの薬剤はインフルエンザ治療には推奨されない。

References

  • Bowman AS, Walia RR, Nolting JM, et al. Influenza A(H3N2) virus in swine at agricultural fairs and transmission to humans, Michigan and Ohio, USA, 2016. Emerg Infect Dis 2017;23:1551–5. <https://doi.org/10.3201/eid2309.170847>
  • Anderson TK, Macken CA, Lewis NS, et al. A phylogeny-based global nomenclature system and automated annotation tool for H1 hemagglutinin genes from swine influenza A viruses. MSphere 2016;1:e00275–16. <https://doi.org/10.1128/mSphere.00275-16>
  • Azziz Baumgartner E, Dao CN, Nasreen S, et al. Seasonality, timing, and climate drivers of influenza activity worldwide. J Infect Dis 2012;206:838–46. <https://doi.org/10.1093/infdis/jis467>
  • Kile JC, Ren R, Liu L, et al. Update: increase in human infections with novel Asian lineage avian influenza A(H7N9) viruses during the fifth epidemic—China, October 1, 2016–August 7, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:928–32. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6635a2>
  • Zhou B, Donnelly ME, Scholes DT, et al. Single-reaction genomic amplification accelerates sequencing and vaccine production for classical and Swine origin human influenza a viruses. J Virol 2009;83:10309–13. <https://doi.org/10.1128/JVI.01109-09>
  • Zhou B, Wentworth DE. Influenza A virus molecular virology techniques. Methods Mol Biol 2012;865:175–92. <https://doi.org/10.1007/978-1-61779-621-0_11>
  • Zhou B, Lin X, Wang W, et al. Universal influenza B virus genomic amplification facilitates sequencing, diagnostics, and reverse genetics. J Clin Microbiol 2014;52:1330–7. <https://doi.org/10.1128/JCM.03265-13>
  • World Health Organization. Recommended composition of influenza virus vaccines for use in the 2018 southern hemisphere influenza season. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://www.who.int/influenza/vaccines/virus/recommendations/2018_south/en/>
  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2017–18 influenza season. MMWR Recomm Rep 2017;66:1–20. <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6602a1>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ