一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ヒトアデノウイルスのサーベイランス ― アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/06Vol. 66 / No. 39

MMWR66(39):1039-1042
Human Adenovirus Surveillance — United States, 2003–2016

ヒトアデノウイルスのサーベイランス ― アメリカ、2003年~2016年

ヒトアデノウイルス(HAdVs)には7種類(A~G)が存在し、60以上の遺伝子型がヒトの感染症の原因となる。臨床症状は発熱、急性呼吸器疾患、胃腸炎、結膜炎などであり、免疫不全患者の場合は重症となり、呼吸不全、播種性感染症、出血性膀胱炎、神経系疾患などを来し、死亡する。CDCは2014年よりアメリカにて循環するHAdVsに関するサーベイランスを開始し、National Adenovirus Type Reporting System(NATRS)を通じて報告されている。今回、2014年~2016年に11の研究室から報告されたHAdVsのデータ(検体は2013年~2016年に採取)と、サーベイランスが始まる前のCDC Respiratory Virus Diagnostic Laboratoryによる 2003年~2007年および2008年~2013年のデータがまとめられた。2003年~2016年、NATRSは32州およびバージン諸島よりHAdVs計2,138検体の報告を受け、種および型はそれぞれ2,107検体(98.6%)、1,497検体(70.0%、22種類)報告された。多かった検体は呼吸器(1,227検体)、眼スワブ(検体61検体)、便または直腸スワブ(35検体)であり、年間採取数は2検体(2003年)~269検体(2014年)であり、2014年以降は増加し、2016年は362検体であった。ウイルス種はC(683検体、41%)、B(657検体、40%)が多く、種/型はHAdVs-B3(341検体、22.8%)、HAdVs-C2(293検体、19.6%)、HAdVs-C1(248検体、16.6%)、HAdVs-E4(185検体、12.4%)、HAdVs-B7(127検体、8.5%)、HAdVs-B14(89検体、5.9%)の順に多かった。タイピングの方法は血清中和法(591検体、39.5%)、完全/部分ゲノムシークエンス(567検体、37.9%)、RT-PCR法(285検体、19.0%)であった。以上、HAdVsサーベイランスによりアウトブレイクに関連するウイルスの種/型の把握が可能となり、また、新しい診断法、治療法およびワクチンの開発に役立つものと思われる。

References

  • Lion T. Adenovirus infections in immunocompetent and immunocompromised patients. Clin Microbiol Rev 2014;27:441–62. <https://doi.org/10.1128/CMR.00116-13>
  • Lynch JP 3rd, Kajon AE. Adenovirus: epidemiology, global spread of novel serotypes, and advances in treatment and prevention. Semin Respir Crit Care Med 2016;37:586–602. <https://doi.org/10.1055/s-0036-1584923>
  • Scott MK, Chommanard C, Lu X, et al. Human adenovirus associated with severe respiratory infection, Oregon, USA, 2013–2014. Emerg Infect Dis 2016;22:1044–51. <https://doi.org/10.3201/eid2206.151898>
  • CDC. Acute respiratory disease associated with adenovirus serotype 14—four states, 2006-2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:1181–4.
  • Lamson DM, Kajon A, Shudt M, Girouard G, St George K. Detection and genetic characterization of adenovirus type 14 strain in students with influenza-like illness, New York, USA, 2014–2015. Emerg Infect Dis 2017;23:1194–7. <https://doi.org/10.3201/eid2307.161730>
  • Metzgar D, Osuna M, Kajon AE, Hawksworth AW, Irvine M, Russell KL. Abrupt emergence of diverse species B adenoviruses at US military recruit training centers. J Infect Dis 2007;196:1465–73. <https://doi.org/10.1086/522970>
  • Kandel R, Srinivasan A, D’Agata EM, Lu X, Erdman D, Jhung M. Outbreak of adenovirus type 4 infection in a long-term care facility for the elderly. Infect Control Hosp Epidemiol 2010;31:755–7. <https://doi.org/10.1086/653612>
  • Radin JM, Hawksworth AW, Blair PJ, et al. Dramatic decline of respiratory illness among US military recruits after the renewed use of adenovirus vaccines. Clin Infect Dis 2014;59:962–8. <https://doi.org/10.1093/cid/ciu507>
  • Clemmons NS, McCormic ZD, Gaydos JC, Hawksworth AW, Jordan NN. Acute respiratory disease in U.S. army trainees 3 years after reintroduction of adenovirus vaccine 1. Emerg Infect Dis 2017;23:95–8. <https://doi.org/10.3201/eid2301.161297>
  • Kajon AE, Lu X, Erdman DD, et al. Molecular epidemiology and brief history of emerging adenovirus 14-associated respiratory disease in the United States. J Infect Dis 2010;202:93–103. <https://doi.org/10.1086/653083>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ