一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)HIV感染症と診断された保険加入の小児患者における・・・

MMWR抄訳

rss

2017/10/06Vol. 66 / No. 39

MMWR66(39):1033-1038
Retention in Medical Care Among Insured Children with Diagnosed HIV Infection — United States, 2010–2014

HIV感染症と診断された保険加入の小児患者における治療の継続 ― アメリカ、2010年~2014年

2014年、アメリカでは13歳未満の小児2,477例がHIV感染症と診断され生存している。CDCは今回、保険金請求データからHIV感染症の小児患者の治療継続について分析した。データはMarketScan Multi-State MedicaidおよびMarketScan Commercial Claims and Encountersの2010~2014年データベースから、それぞれ163例(男児81例、女児82例、白人19例、黒人100例、ヒスパニック7例、その他31例)、129例(男児66例、女児63例、人種不明)を対象とした。年齢分布はMedicaid加入者では1歳以下が32例(20%)、2~5歳が37例(23%)、6~10歳が60例(37%)、11歳以上が34例(21%)、民間保険加入者ではそれぞれ29例(22%)、37例(29%)、34例(26%)、29例(22%)であった。患者の36カ月間の受診データから、0~24カ月間における治療継続率(0~24カ月にて各6カ月間の治療期間に少なくとも1回受診)は、Medicaid群にて60%(97/163例)であり、66例(40%)は継続していなかった。継続例、非継続例それぞれ10例、5例が脱落し、24カ月以降、36カ月までの治療継続率は継続例にて93%(81/87例)、非継続例にて59%(36/61例)であった。民間保険群の0~24カ月における治療継続率は69%(89/129例)であり、40例(31%)は継続していなかった。継続例、非継続例それぞれ23例、15例が脱落し、24~36カ月における継続率は継続例にて85%(56/66例)、非継続例にて32%(8/25例)であった。治療継続に関連する因子として、Medicaid群では視覚障害/身体障害児および里子にて治療継続率が高く、民間保険群では1歳以下にて治療継続率が低かった。アメリカでは13歳以上のHIV感染症患者の治療継続率の目標が90%とされているが、13歳以下に関しては目標値はない。HIV感染小児は長期的な抗レトロウイルス療法が必要であり、今回のような調査によりHIV感染小児の治療継続に対する適切な介入の必要性が示された。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report, vol. 27. Atlanta, GA: CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2015-vol-27.pdf>
  • Health Resources Services Administration. HIV/AIDS Bureau performance measures. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Health Resources Services Administration; 2017. <https://hab.hrsa.gov/deliverhivaidscare/coremeasures.pdf>
  • Secretary’s Minority AIDS Initiative Fund. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Indicator supplement. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Secretary’s Minority AIDS Initiative Fund; 2016. <https://files.hiv.gov/s3fs-public/nhas-indicators-supplement-dec-2016.pdf>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2014. HIV Surveillance Supplemental Report, vol. 21, no. 4. Atlanta, GA: CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-21-4.pdf>
  • Byrd KK, Furtado M, Bush T, Gardner L. Evaluating patterns in retention, continuation, gaps, and re-engagement in HIV care in a Medicaid-insured population, 2006–2012, United States. AIDS Care 2015;27:1387–95. <https://doi.org/10.1080/09540121.2015.1114991>
  • Byrd KK, Furtado M, Bush T, Gardner L. Reengagement in care after a gap in HIV care among a population of privately insured persons with HIV in the United States. AIDS Patient Care STDS 2016;30:491–6. <https://doi.org/10.1089/apc.2016.0188>
  • Panel on Antiretroviral Therapy and Medical Management of HIV-Infected Children. AIDSinfo: guidelines for the use of antiretroviral agents in pediatric HIV infection. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of AIDS Research Advisory Council; 2017. <https://aidsinfo.nih.gov/contentfiles/lvguidelines/pediatricguidelines.pdf>
  • Gardner EM, Burman WJ, Steiner JF, Anderson PL, Bangsberg DR. Antiretroviral medication adherence and the development of class-specific antiretroviral resistance. AIDS 2009;23:1035–46. <https://doi.org/10.1097/QAD.0b013e32832ba8ec>
  • Szilagyi MA, Rosen DS, Rubin D, Zlotnik S; Council on Foster Care, Adoption, and Kinship Care; Committee on Adolescence; Council on Early Childhood. Health care issues for children and adolescents in foster care and kinship care. Pediatrics 2015;136:e1131–40. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-2656>
  • Hazra R, Siberry GK, Mofenson LM. Growing up with HIV: children, adolescents, and young adults with perinatally acquired HIV infection. Annu Rev Med 2010;61:169–85. <https://doi.org/10.1146/annurev.med.050108.151127>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ