一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)1945~1965年生まれのすべての人のC型肝炎ウ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/29Vol. 66 / No. 38

MMWR66(38):1023-1026
Evaluation of the Impact of Mandating Health Care Providers to Offer Hepatitis C Virus Screening to All Persons Born During 1945–1965 — New York, 2014

1945~1965年生まれのすべての人のC型肝炎ウイルススクリーニング検査を医療機関に対し義務づける州法による影響の評価 ― ニューヨーク州、2014年

アメリカにおいて、C型肝炎ウイルス(HCV)感染者の約75%、HCV関連疾病による死亡者の73%が1945~1965年生まれの人であり、HCV感染がこの人口集団における肝がんおよびHCV関連肝疾患のリスクを上昇させている。アメリカでは270万人がHCVに感染していると推定されるが、その75%は感染を自覚していない。CDCは2012年以降、この年代生まれの人のHCV検査受診を推奨している。2014年1月1日、ニューヨーク州はHCV検査に係る州法として、医療機関は受診したすべての1945~1965年生まれの人にHCV抗体スクリーニング検査(HCV RNA検査を含む)を受けさせ、陽性の人には経過観察の医療機関を紹介しなければいけないとする州法を制定、発効した。ニューヨーク州保健局およびニューヨーク市は、州および市のサーベイランスデータ、臨床検査機関およびメディケイドのデータから、州法発効前後のHCV検査受診者数および新規HCV診断者の医療機関受診数について解析した。106臨床検査機関の報告から、2013年1月~2014年12月の24カ月間における同年生まれの人の月別検体数は、2013年の538,229例から2014年の813,492例へ、51.1%増加した。2013年の月別平均増加率は約404検体/月であったが、2014年には1,091検体/月となった。州メディケイド契約者のうち、同年生まれの人の1,000人あたりHCV検査率は2012年の8.4、2013年の8.8から、2014年1月の州法発効後には月平均12.8と、52%上昇した。HCVサーベイランスデータの解析から、新規HCV診断者の医療機関受診率は、2011~2013年から2014年にかけてニューヨーク州で24.1%から33.7%へ39.8%上昇、ニューヨーク市で19.5%から21.7%へ11.2%上昇した。以上の結果から、州法の発効によりHCV検査率が向上し、HCVサーベイランスおよびメディケイド請求データはHCV検査後の感染者の医療機関受診の評価に有用であることが示された。

References

  • Smith BD, Morgan RL, Beckett GA, et al. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-4).
  • CDC. Hepatitis C, past or present. 2012 case definition. CSTE position statement(s). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://wwwn.cdc.gov/nndss/conditions/hepatitis-c-chronic/case-definition/2012/>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ