一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/29Vol. 66 / No. 38

MMWR66(38):1009-1015
Influenza Vaccination Coverage Among Health Care Personnel — United States, 2016–17 Influenza Season

医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2016/17インフルエンザシーズン

Advisory Committee on Immunization Practicesは、すべての医療従事者(HCP)に対し毎年のインフルエンザワクチン接種を推奨している。2017年3月28日~4月19日、CDCはオプトインインターネットパネル調査により2016/17インフルエンザシーズンにおけるアメリカのHCP 2,438名のワクチン接種率について調査した。回答者全体の2016/17シーズンにおける接種率は78.6%であった。接種率は2010/11シーズンの63.5%から2013/14シーズンには75.2%に上昇し、その後77.3%、79.0%と同程度で推移した。過去のシーズンと同様、2016/17シーズンにおける職場別接種率は病院が最も高く(92.3%)、続いて外来診療所(76.1%)、他の臨床施設(75.0%)、長期療養施設(LTC)の順であった(68.0%)。接種者の76.5%は自分の職場で接種を受けた。職種別では、医師(95.8%)、看護師(92.6%)、医療助手(92.0%)が高く、アシスタントや補助(69.1%)、非臨床HCP(73.7%)は低かった。しかし、病院ではこれらを含むすべての職種で接種率が約90%またはそれ以上であった。HCPの42.3%が2016/17シーズンの接種を義務付けられ、この率は2013/14シーズンより高かったが、2014-15年、2015/16シーズンと同等であった。接種を義務づけられた職場は、病院(69.5%)が外来診療所(39.0%)やLTC(26.2%)より多かった。前シーズンと同様に、接種率は接種義務のある職場において高く(96.7%)、義務は無くても、無料の接種機会が2日以上ある職場の接種率(80.3%)は、接種機会が1日のみの職場 (73.8%)、無料の接種機会はないが接種を勧奨している職場(70.4%)よりも高かった。また、接種の義務や推奨がなく無料の接種機会もない職場では最も低かった(45.8%)。雇用主による接種の義務付けや、職場での無料接種の機会が接種率を向上させる。HCPや患者のインフルエンザ感染を予防するには、職場における介入の実施が重要である。

References

  • CDC. Immunization of health-care personnel: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-7).
  • Hayward AC, Harling R, Wetten S, et al. Effectiveness of an influenza vaccine programme for care home staff to prevent death, morbidity, and health service use among residents: cluster randomised controlled trial. BMJ 2006;333:1241. <https://doi.org/10.1136/bmj.39010.581354.55>
  • Lemaitre M, Meret T, Rothan-Tondeur M, et al. Effect of influenza vaccination of nursing home staff on mortality of residents: a cluster-randomized trial. J Am Geriatr Soc 2009;57:1580–6. <https://doi.org/10.1111/j.1532-5415.2009.02402.x>
  • Saxén H, Virtanen M. Randomized, placebo-controlled double blind study on the efficacy of influenza immunization on absenteeism of health care workers. Pediatr Infect Dis J 1999;18:779–83. <https://doi.org/10.1097/00006454-199909000-00007>
  • Black CL, Yue X, Ball SW, et al. Influenza vaccination coverage among health care personnel—United States, 2015–16 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1026–31. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6538a2>
  • Community Preventive Services Task Force. Vaccination. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Community Preventive Services Task Force; 2008. <https://www.thecommunityguide.org/topic/vaccination>
  • Black CL, Yue X, Ball SW, et al. Influenza vaccination coverage among health care personnel—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:805–11.
  • CDC. Surveillance of influenza vaccination coverage—United States, 2007–08 through 2011–12 influenza seasons. MMWR Surveill Summ 2013;62(No. SS-04).
  • Williams WW, Lu PJ, O’Halloran A, et al. Surveillance of vaccination coverage among adult populations—United States, 2015. MMWR Surveill Summ 2017;66(No. SS-11). <https://doi.org/10.15585/mmwr.ss6611a1>
  • Lindley MC, Bridges CB, Strikas RA, et al. Influenza vaccination performance measurement among acute care hospital-based health care personnel—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:812–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ