一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)CDCによる避妊法の利用に関するアメリカ医療適格基・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/22Vol. 66 / No. 37

MMWR66(37):990-994
Update to CDC’s U.S. Medical Eligibility Criteria for Contraceptive Use, 2016: Revised Recommendations for the Use of Hormonal Contraception Among Women at High Risk for HIV Infection

CDCによる避妊法の利用に関するアメリカ医療適格基準の最新情報、2016年:HIV感染症ハイリスク女性におけるホルモン避妊薬の使用に関する勧告の改訂

CDCによる避妊法の利用に関するアメリカ医療適格基準(U.S. MEC、初版:2020年、最新版:2016年)は医学的な特徴や条件のある女性において避妊薬を安全に使用するためのガイドラインであり、HIV感染症のリスクの高い女性のホルモン避妊薬の使用についてはカテゴリー1(安全、使用に関する制限なし)とされていた。これは注射用避妊薬デポ-酢酸メドロキシプロゲステロン(DMPA)をHIV感染リスクの高い女性が使用する場合、理論上および確認されているリスクよりも避妊の有益性のほうが優れると考えられていたが、2017年3月、WHOは新たに発表された研究結果を踏まえ、また、有益性と有害性のバランスや避妊薬選択の倫理的原則を考慮し、MECカテゴリーを1から2(この方法の使用による有益性が理論上のリスクを一般的に上回る場合)へ変更した。2016年、注射用避妊薬とHIV感染リスクとの関連性を評価した13試験からのエビデンスでは、リスクの増大が示唆され、とくにDMPAについて検討した10試験における補正ハザード比は1.4であったが、試験間の矛盾や方法論的問題による制限が認められている。また、レボノルゲストレルの移植(2試験)、プロゲスチン単独錠剤(1試験)による試験ではHIV感染リスクの増大は認められていない。

References

  • Curtis KM, Tepper NK, Jatlaoui TC, et al. U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65:1–103. <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6503a1>
  • Mohllajee AP, Curtis KM, Flanagan RG, Rinehart W, Gaffield ML, Peterson HB. Keeping up with evidence a new system for WHO’s evidence-based family planning guidance. Am J Prev Med 2005;28:483–90. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2005.02.008>
  • Finer LB, Zolna MR. Declines in unintended pregnancy in the United States, 2008–2011. N Engl J Med 2016;374:843–52. <https://doi.org/10.1056/NEJMsa1506575>
  • Ewing AC, Datwani HM, Flowers LM, Ellington SR, Jamieson DJ, Kourtis AP. Trends in hospitalizations of pregnant HIV-infected women in the United States: 2004 through 2011. Am J Obstet Gynecol 2016;215:499.e1–8. <https://doi.org/10.1016/j.ajog.2016.05.048>
  • CDC. Update to CDC’s U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2010: revised recommendations for the use of hormonal contraception among women at high risk for HIV infection or infected with HIV. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:449–52.
  • Polis CB, Curtis KM, Hannaford PC, et al. An updated systematic review of epidemiological evidence on hormonal contraceptive methods and HIV acquisition in women. AIDS 2016;30:2665–83. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000001228>
  • Hofmeyr GJ, Singata-Madliki M, Lawrie TA, Bergel E, Temmerman M. Effects of injectable progestogen contraception versus the copper intrauterine device on HIV acquisition: sub-study of a pragmatic randomised controlled trial. J Fam Plann Reprod Health Care 2017;43:175–80. <https://doi.org/10.1136/jfprhc-2016-101607>
  • Hel Z, Stringer E, Mestecky J. Sex steroid hormones, hormonal contraception, and the immunobiology of human immunodeficiency virus-1 infection. Endocr Rev 2010;31:79–97. <https://doi.org/10.1210/er.2009-0018>
  • Achilles SL, Hillier SL. The complexity of contraceptives: understanding their impact on genital immune cells and vaginal microbiota. AIDS 2013;27(Suppl 1):S5–15. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000000058>
  • Creanga AA, Berg CJ, Syverson C, Seed K, Bruce FC, Callaghan WM. Pregnancy-related mortality in the United States, 2006-2010. Obstet Gynecol 2015;125:5–12. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000000564>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ