一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)Title Xが資金援助する健康センターにおける子・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/22Vol. 66 / No. 37

MMWR66(37):981-985
Trends in Cervical Cancer Screening in Title X-Funded Health Centers — United States, 2005–2015

Title Xが資金援助する健康センターにおける子宮頸癌スクリーニングの動向 ― アメリカ、2005年~2015年

2015年、アメリカの女性の子宮頸癌スクリーニング率は83%であり、Healthy People 2020の目標値(93%)に達していない。2013年、アメリカでは11,955例が子宮頸癌と診断され、死亡例は4,217例であった。子宮頸癌のスクリーニングを受ける女性は2005年~2015年の間に徐々に減少し、Title-Xクライアント(Title-X Family Planning Programによる資金援助を受け設立された3,900カ所の健康センターにてケアを受ける約360万人の女性)のスクリーニング率も2005年の51%から2015年には21%へと低下している。2009年にAmerican College of Obstetricians and Gynecologists(ACOG)がスクリーニング(Pap検査)の推奨開始年齢を21歳に引き上げたことから、2010年は1年低下率がもっとも大きくなり(41%から35%)、また、2012年にPap検査の初回実施年齢(21歳)およびスクリーニング検査の間隔(3または5年)をU.S. Preventive Services Task Force(USPSTF)を、ACOG、American Cancer Society(ACS)の推奨に統一したことから、2013年の1年低下率は27%から23%となった。19歳以下はACOG(2009年)、USPSTF/ACS(2012年)にて子宮頸癌のスクリーニングが推奨されていなかったため、クラミジア症の検査率が54%(2009年)から60%(2015年)に増加し、避妊率も72%(2009年)から77%(2015年)に増加した。20~24歳ではクラミジア症検査率が56%から61%、25~29歳では避妊具の使用率が74%から79%に増加、また、2005~2015年、全年齢層にて臨床乳癌検査を受けた女性が減少した(53%から30%)。以上、2005~2015年における子宮頸癌スクリーニング検査率は低下しており、個々の症例に対しスクリーニング検査を受けさせるための積極的な介入の必要性が示唆される。

References

  • Office of Disease Prevention and Health Promotion. Healthy people 2020: cancer. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of Disease Prevention and Health Promotion; 2017. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/cancer/objectives>
  • White A, Thompson TD, White MC, et al. Cancer screening test use—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:201–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6608a1>
  • Miller JW, Royalty J, Henley J, White A, Richardson LC. Breast and cervical cancers diagnosed and stage at diagnosis among women served through the National Breast and Cervical Cancer Early Detection Program. Cancer Causes Control 2015;26:741–7. <https://doi.org/10.1007/s10552-015-0543-2>
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2013. Incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: National Cancer Institute and CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/cancer/npcr/uscs/index.htm>
  • ACOG Committee on Practice Bulletins—gynecology. ACOG practice bulletin no. 109: cervical cytology screening. Obstet Gynecol 2009;114:1409–20. <https://doi.org/10.1097/AOG.0b013e3181c6f8a4>
  • US Preventive Services Task Force. Final recommendation statement, cervical cancer: screening. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2012. <https://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Document/RecommendationStatementFinal/cervical-cancer-screening>
  • Committee on Practice Bulletins—gynecology. ACOG practice bulletin no. 131: screening for cervical cancer. Obstet Gynecol 2012;120:1222–38.
  • American Cancer Society (ACS). History of ACS recommendations for the early detection of cancer in people without symptoms. Atlanta, GA: American Cancer Society; 2015. <https://www.cancer.org/healthy/find-cancer-early/cancer-screening-guidelines/chronological-history-of-acs-recommendations.html>
  • Office of Population Affairs. Title X family planning annual reports. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of Population Affairs; 2016. <https://www.hhs.gov/opa/title-x-family-planning/fp-annual-report/index.html>
  • Henderson JT, Saraiya M, Martinez G, Harper CC, Sawaya GF. Changes to cervical cancer prevention guidelines: effects on screening among U.S. women ages 15–29. Prev Med 2013;56:25–9. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2012.10.025>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ