一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)オピオイド過剰摂取のアウトブレイク ― ウェストバ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/22Vol. 66 / No. 37

MMWR66(37):975-980
Opioid Overdose Outbreak — West Virginia, August 2016

オピオイド過剰摂取のアウトブレイク ― ウェストバージニア州、2016年8月

2016年8月15日、ウェストバージニア州ハンティントンのMayor’s Office of Drug Control PolicyはCabell Huntington Health Department(CHHD)に、この日午後3時~8時に緊急通報用電話にオピオイド過量摂取に関し複数の電話があったことを通知した。これを受けて州のBureau for Public Health (BPH)はCHHDとともに調査を開始、キャベル郡にて8月14日午後3時~8月16日午後8時の53時間の間にオピオイドの過剰摂取20例が確認された。うち確診例は8例(男2例、女6例、18~25歳:2例、26~35歳:4例、46~60歳:2例)、可能性例は12例(男9例、女3例、18~25歳:1例、26~35歳:6例、36~45歳:3例、46~60歳:2例)であり、17例(85%)はハンティントン市内にて発見された症例、そのうち14例(82%)が8月15日午後3時~8時に発生した。全例が救急外来(ED)を受診、16例(80%)にナロキソンが投与され、6例は複数回投与であった。主な臨床所見として意識変容を13例、呼吸不全を11例に認めた。毒物スクリーニングを実施した8例のうち6例にてオピオイドが検出され、5例にて複数の毒物が検出された。14例(70%)がED受診直前のヘロイン使用を認め、死亡例はなく、全例生存している。また、2016年10月、麻薬取締局とBPHのOffice of the Chief Medical Examinerは、8月15日にキャベル郡にてカルフェンタニル過剰摂取による初の死亡例を確認した。2017年3月までに4例の血液検体の分析が行われ、3例はカルフェンタニルとフラニルフェンタニル陽性、1例はフェンタニルのみ陽性を示したが、フェンタニル類似体の検査に十分な検体が得られなかったためと考えられる。2017年4月17日、U.S. Attorney’s Officeは2016年8月15日にハンティントンにてヘロイン、フェンタニルおよびカルフェンタニルを販売したオハイオ州アクロン在住者を有罪としている。

References

  • Jones JD, Mogali S, Comer SD. Polydrug abuse: a review of opioid and benzodiazepine combination use. Drug Alcohol Depend 2012;125:8–18. <https://doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2012.07.004>
  • Bureau for Public Health. Health advisory #0126: carfentanil responsible for West Virginia overdose deaths. Huntington, WV: West Virginia Department of Health and Human Resources, Bureau for Public Health; 2016. <http://www.dhhr.wv.gov/oeps/disease/documents/hans/wv%20hans/wv126-carefentanil-overdose-deaths.pdf>
  • United States Attorney’s Office Southern District of West Virginia. Ohio man responsible for Huntington overdoses sentenced to over 18 years in federal prison for heroin crime. Huntington, WV: US Department of Justice; 2016. <https://www.justice.gov/usao-sdwv/pr/ohio-man-responsible-huntington-overdoses-sentenced-over-18-years-federal-prison-heroin>
  • Tomassoni AJ, Hawk KF, Jubanyik K, et al. Multiple fentanyl overdoses—New Haven, Connecticut, June 23, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:107–11. <https://doi.org/10.15585/mm6604a4>
  • D’Onofrio G, O’Connor PG, Pantalon MV, et al. Emergency department-initiated buprenorphine/naloxone treatment for opioid dependence: a randomized clinical trial. JAMA 2015;313:1636–44. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.3474>
  • CDC. Influx of fentanyl-laced counterfeit pills and toxic fentanyl-related compounds further increases risk of fentanyl-related overdose and fatalities. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://emergency.cdc.gov/han/han00395.asp>
  • Drug Enforcement Administration. DEA releases 2016 drug threat assessment: fentanyl-related overdose deaths rising at an alarming rate. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/divisions/hq/2016/hq120616.shtml>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ