一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)HIV感染症と診断された男性同性愛者におけるHIV・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/22Vol. 66 / No. 37

MMWR66(37):969-974
HIV Care Outcomes Among Men Who Have Sex With Men With Diagnosed HIV Infection — United States, 2015

HIV感染症と診断された男性同性愛者におけるHIV治療の転帰 ― アメリカ、2015年

アメリカにおけるゲイ、バイセクシュアルおよび他の男性同性愛者(MSM)は、アメリカの人口の約2%に過ぎないが、2015年ではHIV感染症患者の約70%を占めた。より良い予防法の指針のため、CDCはNHSSのデータから13歳以上のMSMのHIV感染症の診断時のステージと治療の転帰について分析した。2015年、38の管轄地域(アメリカ37州とワシントンDC)において、HIV感染症と診断されたMSMは19,170名であり、黒人/アフリカ系アメリカ人(以下、黒人)が7,519名と最も多く(39.2%)、白人が5,314名(27.7%)、ヒスパニック/ラテン系が5,124名(26.7%)、その他が1,213名(6.3%)であった。診断時のステージは、ステージ1(CD4数500cells/μL以上または26%以上)が4,998名(26.1%)、ステージ2(CD4数200~499cells/μLまたは14~25%)が6,568名(34.3%)、ステージ3 (CD4数200cells/μL未満または14%未満)が3,666名(19.1%)、ステージ不明が3,938名(20.5%)であった。ステージ3の症例は年齢に伴い増加し、白人が最も多く22.2%、その他が20.7%、ヒスパニックが20.2%、黒人は最も少なく16.0%であった。また、19,170名のうち、14,328名(74.7%)は診断から1カ月以内にHIV治療を受け、この割合は年齢に伴い増加した (13~19歳:69.4%、20~24歳:70.1%、25~34歳:74.1%、35~44歳:77.8%、45~54歳:79.8%、55歳以上:80.8%) 。人種別では、黒人にて69.3%と最も低く、ヒスパニック系が75.0%、その他が79.2%、白人にて最も高かった(81.1%)。また、診断から3カ月以内にHIV治療を受けた症例は16,112名(84.0%)であり、年齢に伴い増加し、13~19歳では81.0%、55歳以上では87.6%であった。人種別では黒人が79.7%と最も低く、白人が89.4%と最も高かった。HIV感染症と診断され生存しているMSMは2014年末の時点で358,151名であり、何らかの治療を受けた症例は265,280名(74.1%)、うち206,523名(57.7%)が治療を継続しており、219,043名(61.2%)にてウイルス量が抑制されている。黒人は治療の継続率(53.6%)、ウイルス量の抑制率(52.2%)ともに最も低く(白人はそれぞれ59.4%、67.3%)、黒人および年齢の低いMSMではHIVケアの転帰が不良であり、25歳未満および黒人MSMに対する介入の強化の必要性が示唆された。

References

  • Purcell DW, Johnson CH, Lansky A, et al. Estimating the population size of men who have sex with men in the United States to obtain HIV and syphilis rates. Open AIDS J 2012;6:98–107.
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. HIV surveillance report, vol. 27. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/hiv-surveillance.html>
  • Singh S, Song R, Satcher Johnson A, McCray E, Hall HI. HIV incidence, prevalence and undiagnosed infection in men who have sex with men in the United States. In: Summary reports of the 24th Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections; February 13–15, 2017; Seattle, Washington. <http://www.natap.org/2017/CROI/croi_116.htm>
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27.
  • CDC. DHAP strategic plan. Atlanta, GA: US Department of Health
  • and Human Services; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/dhap/strategicplan/>
  • Singh S, Bradley H, Hu X, Skarbinski J, Hall HI, Lansky A. Men living with diagnosed HIV who have sex with men: progress along the continuum of HIV care—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:829–33.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446–53.
  • CDC. HIV testing and risk behaviors among gay, bisexual, and other men who have sex with men—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:958–62.
  • Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. AIDSinfo: guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1 infected adults and adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents; 2016. <https://aidsinfo.nih.gov/contentfiles/lvguidelines/adultandadolescentgl.pdf>
  • CDC. High-impact prevention: CDC’s approach to reducing HIV infections in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies_NHPC_Booklet.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ