一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)カンピロバクター症およびクリプトスポリジウム症のヒ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/15Vol. 66 / No. 36

MMWR66(36):955-958
Occupational Animal Exposure Among Persons with Campylobacteriosis and

カンピロバクター症およびクリプトスポリジウム症のヒトにおける職業性の動物への接触 ― ネブラスカ州、2005~2015年

アメリカにおいて、カンピロバクター症およびクリプトスポリジウム症の2つ胃腸炎で最も多い原因で、2015年にこれらの病原体について測定された全国発生率は、それぞれ10万人あたり17.7人および3.0人であった。州の中ではネブラスカ州での発生率が最も高く、10万人あたりの発生率はカンピロバクター感染症で26.6人、クリプトスポリジウム症で6.01人以上であった。カンピロバクター症およびクリプトスポリジウム症は、主に汚染された食物や水の摂取によって感染するが、職業性の接触を含む生きた動物や動物製品との接触によっても感染する。畜産および関連産業が州の経済の重要な一部を占めるネブラスカ州において、この接触経路は特に影響する。ネブラスカ州保健社会福祉省とCDCは、ネブラスカ州における職業的な動物への接触に関連する可能性のある疾病の割合を推定するために、2005年から2015年までの14歳以上の居住者のカンピロバクター症およびクリプトスポリジウム症の症例の匿名化された調査報告を再検討した。職業的な動物への接触のエビデンスを検索し、産業、動物/食肉、特異的な作業活動/接触に基づいたカテゴリーに分類した。職業的な動物への接触は、3,352例のカンピロバクター症のうち557例(16.6%)、1,070例のクリプトスポリジウム症のうち93例(8.7%)に認められ、産業では養畜(飼育または放牧など)が最も多く(各68.2%、78.5%)、次いで動物の食肉処理/加工(各16.3%、5.4%)であった。動物/食肉への接触のうち、畜牛/牛肉は最も多く言及され、肥育場(集中的に動物に飼料を与えて飼育)での接触は、カンピロバクター症の29.9%、クリプトスポリジウム症の7.9%で報告された。動物や肥育場での糞尿への直接的な接触およびその他の農場環境は、労働者を感染リスクの高い状況にさらす可能性がある。職業上の動物への接触のある労働者に対しては、腸疾患の症状および予防対策について教育することが重要であり、高リスクの職場および活動をターゲットとした予防戦略は疾患の減少にも役立つと考えられる。

References

  • Adams DA, Thomas KR, Jajosky RA, et al.; Nationally Notifiable Infectious Conditions Group. Summary of notifiable infectious diseases and conditions—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;64:1–143. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6453a1>
  • Hale CR, Scallan E, Cronquist AB, et al. Estimates of enteric illness attributable to contact with animals and their environments in the United States. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S472–9. <https://doi.org/10.1093/cid/cis051>
  • Friedman CR, Hoekstra RM, Samuel M, et al.; Emerging Infections Program FoodNet Working Group. Risk factors for sporadic Campylobacter infection in the United States: a case-control study in FoodNet sites. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S285–96. <https://doi.org/10.1086/381598>
  • Painter JE, Hlavsa MC, Collier SA, Xiao L, Yoder JS. Cryptosporidiosis surveillance—United States, 2011–2012. MMWR Surveill Summ 2015;64(No. SS-3):1–14.
  • Webb LM, Tubach SA, Hunt DC. Outbreak of cryptosporidiosis among responders to a rollover of a truck carrying calves—Kansas, April 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1185–8.
  • Feltus DC, Giddings CW, Schneck BL, Monson T, Warshauer D, McEvoy JM. Evidence supporting zoonotic transmission of Cryptosporidium spp. in Wisconsin. J Clin Microbiol 2006;44:4303–8. <https://doi.org/10.1128/JCM.01067-06>
  • McDaniel CJ, Cardwell DM, Moeller RB Jr, Gray GC. Humans and cattle: a review of bovine zoonoses. Vector Borne Zoonotic Dis 2014;14:1–19. <https://doi.org/10.1089/vbz.2012.1164>
  • CDC. Notes from the Field: Campylobacter jejuni infections associated with sheep castration—Wyoming, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1654.
  • Besser TE, Lejeune JT, Rice DH, et al. Increasing prevalence of Campylobacter jejuni in feedlot cattle through the feeding period. Appl Environ Microbiol 2005;71:5752–8. <https://doi.org/10.1128/AEM.71.10.5752-5758.2005>
  • de Perio MA, Niemeier RT, Levine SJ, Gruszynski K, Gibbins JD. Campylobacter infection in poultry-processing workers, Virginia, USA, 2008–2011. Emerg Infect Dis 2013;19:286–8. <https://doi.org/10.3201/eid1902.121147>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ