一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)小児急性リンパ性白血病の発症率と傾向 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/15Vol. 66 / No. 36

MMWR66(36):950-954
Rates and Trends of Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia — United States, 2001–2014

小児急性リンパ性白血病の発症率と傾向 ― アメリカ、2001~2014年

アメリカにおいて、急性リンパ性白血病(ALL)は小児期および思春期におけるがんのうち最も多く、全がん症例の20%を占め、新規発症は年間3,000人を超える。CDCは、20歳未満のALLの発症率および傾向について、人口の98%をカバーするUnited States Cancer Statistics data setを用いて解析した。2001~2014年、新規に診断された小児ALL症例は計38,136例であった。総発症率は100万人あたり34.0例であり、1~4歳が最も高く(75.2例)、男性(38.0例)が女性(29.7例)より高かった。人種/民族別ではヒスパニック系が最も高く(42.9例)、次いで非ヒスパニック系白人(34.2例)であり、非ヒスパニック系黒人(18.7例)が最も低かった。総発症率およびヒスパニック系の発症率はどちらも2001年~2008年の間に上昇し、2008年~2014年には変化しなかった。総発症率は、経済状態の最も高い25%の郡が最も低い25%の郡より高く、人口100万人以上の大都市圏が非大都市圏より高かった。国勢調査の地域別では西部地域が最も高く(38.5例)、次いで北東部地域(34.8例)、州別ではバーモント州(41.9例)、カリフォルニア州(40.8例)、ニューメキシコ州(39.1例)の順で高く、これらは人口におけるヒスパニック系の割合を反映していると考えられた。特定の人口集団で小児ALLの発症率が高く、地域のがんコントロールプランや治療、生存者のケアにも影響することから、調査の継続が重要と考えられる。

References

  • Ward E, DeSantis C, Robbins A, Kohler B, Jemal A. Childhood and adolescent cancer statistics, 2014. CA Cancer J Clin 2014;64:83–103. <https://doi.org/10.3322/caac.21219>
  • Barrington-Trimis JL, Cockburn M, Metayer C, Gauderman WJ, Wiemels J, McKean-Cowdin R. Trends in childhood leukemia incidence over two decades from 1992 to 2013. Int J Cancer 2017;140:1000–8. <https://doi.org/10.1002/ijc.30487>
  • Giddings BM, Whitehead TP, Metayer C, Miller MD. Childhood leukemia incidence in California: high and rising in the Hispanic population. Cancer 2016;122:2867–75. <https://doi.org/10.1002/cncr.30129>
  • US Cancer Statistics Working Group; CDC; National Cancer Institute. United States cancer statistics: 1999–2014 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://ww.cdc.gov/uscs>
  • Adam M, Rebholz CE, Egger M, Zwahlen M, Kuehni CE. Childhood leukaemia and socioeconomic status: what is the evidence? Radiat Prot Dosimetry 2008;132:246–54. <https://doi.org/10.1093/rpd/ncn261>
  • Filippini T, Heck JE, Malagoli C, Del Giovane C, Vinceti M. A review and meta-analysis of outdoor air pollution and risk of childhood leukemia. J Environ Sci Health C Environ Carcinog Ecotoxicol Rev 2015;33:36–66. <https://doi.org/10.1080/10590501.2015.1002999>
  • Metayer C, Dahl G, Wiemels J, Miller M. Childhood leukemia: a preventable disease. Pediatrics 2016;138(Suppl 1):S45–55. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-4268H>
  • Gomez SL, Glaser SL. Misclassification of race/ethnicity in a population-based cancer registry (United States). Cancer Causes Control 2006;17:771–81. <https://doi.org/10.1007/s10552-006-0013-y>
  • Institute of Medicine Committee on Cancer Clinical Trials; NCI Cooperative Group Program. In: Nass SJ, Moses HL, Mendelsohn J, eds. A national cancer clinical trials system for the 21st century: reinvigorating the NCI Cooperative Group Program. Washington, DC: The National Academies Press; 2010.
  • Ryerson AB, Eheman C, Styles T, Rycroft R, Snyder C. Connecting the dots: linking the National Program of Cancer Registries and the needs of survivors and clinicians. Am J Prev Med 2015;49(Suppl 5):S528–35. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.08.026>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ