一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)最新情報:5回目の流行における新規のアジア系鳥イン・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/08Vol. 66 / No. 35

MMWR66(35):928-932
Update: Increase in Human Infections with Novel Asian Lineage Avian Influenza A(H7N9) Viruses During the Fifth Epidemic — China, October 1, 2016–August 7, 2017

最新情報:5回目の流行における新規のアジア系鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス ― 中国、2016年10月1日~2017年8月7日

CDCのInfluenza Risk Assessment Toolによるインフルエンザウイルスの分析では、2013年3月に中国で初めて報告されたアジア系鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス(Asian H7N9)はもっともパンデミックリスクの高いウイルスであり、2016年10月1日~2017年8月7日の間に中国、台湾および香港からヒト感染例が759例(うち死亡例281例)報告され、この数は2013年以降に発生した5回の流行でもっとも多い。2013年3月31日~2017年8月7日の5回の流行でAsian H7N9のヒト感染例は計1,557例報告され(1回目:135例、2回目:320例、3回目:224例、4回目:119例、5回目:759例)、少なくとも605例(39%)が死亡している。1~4回目の流行と同様、5回目の感染例は70%が男性であり、年齢は57(4~93)歳、家禽との接触例が90%を占め、また、90%の症例が重度の呼吸器疾患を来した。5回目の流行では低病原性(LPAI)Asian H7N9ウイスルが変異して高病原性(HPAI)を獲得したことにより、家禽の罹患率および死亡率が上昇、759例のヒト感染例では27例(広西チワン族自治区:11例、広東省:8例、湖南省:5例、河北省:1例、陝西省:1例、台湾:1例)がHPAI Asian H7N9ウイルス感染例であった。また、ヘマグルチニン遺伝子配列分析の結果、2系統(珠江デルタ系:7および長江デルタ系:159)が認められ、長江デルタ系ウイルスのヘマグルチニン阻害アッセイでは、2013 Asian H7N9ウイルスから製造された2013 CVVs(ワクチン候補ウイルス)と明らかな抗原性の相違を認めたことから、新しいワクチンの製造が急務であることが示唆された。

References

  • CDC. Summary of Influenza Risk Assessment Tool (IRAT) results. Atlanta, GA; US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/flu/pandemic-resources/monitoring/irat-virus-summaries.htm#H7N9_hongkong>
  • Wang X, Jiang H, Wu P, et al. Epidemiology of avian influenza A H7N9 virus in human beings across five epidemics in mainland China, 2013–17: an epidemiological study of laboratory-confirmed case series. Lancet Infect Dis 2017;17:822–32. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(17)30323-7>
  • Zhou L, Tan Y, Kang M, et al. Preliminary epidemiology of human infections with highly pathogenic avian influenza A(H7N9) virus, China, 2017. Emerg Infect Dis 2017;23:1355–9. <https://doi.org/10.3201/eid2308.170640>
  • Kang M, Lau EHY, Guan W, et al. Epidemiology of human infections with highly pathogenic avian influenza A(H7N9) virus in Guangdong, 2016 to 2017. Euro Surveill 2017;22:30568. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2017.22.27.30568>
  • Wang D, Yang L, Zhu W, et al. Two outbreak sources of influenza A (H7N9) viruses have been established in China. J Virol 2016;90:5561–73. <https://doi.org/10.1128/JVI.03173-15>
  • Zhu W, Zhou J, Li Z, et al. Biological characterisation of the emerged highly pathogenic avian influenza (HPAI) A(H7N9) viruses in humans, in mainland China, 2016 to 2017. Euro Surveill 2017;22:30533. <https://doi.org/10.2807/1560-7917.ES.2017.22.19.30533>
  • Iuliano AD, Jang Y, Jones J, et al. Increase in human infections with avian influenza A(H7N9) virus during the fifth epidemic—China, October 2016–February 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:254–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609e2>
  • Jackson LA, Campbell JD, Frey SE, et al. Effect of varying doses of a monovalent H7N9 influenza vaccine with and without AS03 and MF59 adjuvants on immune response: a randomized clinical trial. JAMA 2015;314:237–46. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.7916>
  • World Health Organization. Summary of status of development and availability of avian influenza A(H7N9) candidate vaccine viruses and potency testing reagents. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://www.who.int/influenza/vaccines/virus/candidates_reagents/summary_a_h7n9_cvv_20170518.pdf?ua=1>
  • China CDC; Chinese Center for Animal Health and Epidemiology. Consultation conclusion on prevention and control of human infection with avian influenza A (H7N9) virus in China from experts of health and agriculture/veterinary departments [Chinese]. Dis Surveill 2017;32:623–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ