一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)高校生における健康関連行動と学業成績 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/08Vol. 66 / No. 35

MMWR66(35):921-927
Health-Related Behaviors and Academic Achievement Among High School Students — United States, 2015

高校生における健康関連行動と学業成績 ― アメリカ、2015年

CDCは2015年のYouth Risk Behavior Surveyデータから、アメリカの高校生(9~12年生)における健康関連行動と学業成績との相関性を分析した。健康関連行動は食事(毎日の朝食、果物または100%フルーツジュース、野菜、牛乳、炭酸飲料の摂取状況)、身体活動(運動、運動部活動、体育の授業の出席など)、座位行動(テレビ、ビデオ鑑賞、ゲーム、パソコン)、物質使用(アルコール、マリファナ、コカイン、ヘロイン、メタンフェタミン、違法薬物など)、性的危険行動(性行為の有無、避妊具の使用、妊娠の回避)、暴力関連行動(身体的暴力、性的暴力、いじめ、不登校など)、自殺関連行動(自殺企図など)に関する30項目にて評価し、学業成績は自己申告による調査前1年以内の成績により4段階(ほぼA、ほぼB、ほぼC、ほぼD/F)とした。分析対象は計15,624名であり、性別、人種/民族、学年で調整後に評価したところ、これらの健康関連行動と学業成績は体育の授業の出席を除くすべての項目において有意な相関性を示した。成績がほとんど評価A~Cの生徒は評価D/Fの生徒に比べ保護的な健康関連行動を行う生徒が有意に多く、危険行動(物質使用、性的危険行動、暴力関連行動および自殺関連行動)を行う生徒は有意に少なかった。ほとんどCの生徒は2つの行動(調査前7日間、野菜を1日1回以上食べた、平日に3時間以上テレビを観る)はD/Fの生徒と同等であった。健康関連行動は学業成績と強く相関することが示唆され、教育および公衆衛生の専門家はそれぞれに教育を徹底し、高校生の教育および健康転帰の改善に向け協力することが重要である。

References

  • Bradley BJ, Greene AC. Do health and education agencies in the United States share responsibility for academic achievement and health? A review of 25 years of evidence about the relationship of adolescents’ academic achievement and health behaviors. J Adolesc Health 2013;52:523–32. <https://doi.org/10.1016/j.jadohealth.2013.01.008>
  • Michael SL, Merlo CL, Basch CE, Wentzel KR, Wechsler H. Critical connections: health and academics. J Sch Health 2015;85:740–58. <https://doi.org/10.1111/josh.12309>
  • Busch V, Loyen A, Lodder M, Schrijvers AJP, van Yperen TA, de Leeuw JRJ. The effects of adolescent health-related behavior on academic performance: a systematic review of the longitudinal evidence. Rev Educ Res 2014;84:245–74. <https://doi.org/10.3102/0034654313518441>
  • Rasberry CN, Lee SM, Robin L, et al. The association between school-based physical activity, including physical education, and academic performance: a systematic review of the literature. Prev Med 2011;52(Suppl 1):S10–20. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2011.01.027>
  • Blum RW, Qureshi F. Morbidity and mortality among adolescents and young adults in the United States. Baltimore, MD: Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health; 2011.
  • CDC. Methodology of the Youth Risk Behavior Surveillance System—2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62(No. RR-1).
  • Murray NG, Low BJ, Hollis C, Cross AW, Davis SM. Coordinated school health programs and academic achievement: a systematic review of the literature. J Sch Health 2007;77:589–600. <https://doi.org/10.1111/j.1746-1561.2007.00238.x>
  • Basch CE. Healthier students are better learners: a missing link in school reforms to close the achievement gap. J Sch Health 2011;81:593–8. <https://doi.org/10.1111/j.1746-1561.2011.00632.x>
  • Basch CE. Healthier students are better learners: high-quality, strategically planned, and effectively coordinated school health programs must be a fundamental mission of schools to help close the achievement gap. J Sch Health 2011;81:650–62. <https://doi.org/10.1111/j.1746-1561.2011.00640.x>
  • American Academy of Pediatrics, Council on School Health. School health policy and practice. 7th ed. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2016.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ