一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)フェンタニルとその類似体の過剰摂取による死亡 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/01Vol. 66 / No. 34

MMWR66(34):904-908
Overdose Deaths Related to Fentanyl and Its Analogs — Ohio, January–February 2017

フェンタニルとその類似体の過剰摂取による死亡 ― オハイオ州、2017年1月~2月

オハイオ州では、前例のない偶発的な薬物過剰摂取が原因の死亡を経験しており、公衆衛生上の重大な脅威として違法に製造されたフェンタニル(IMF)が台頭しつつある。IMFは医薬品のフェンタニルに構造的に類似しているが、薬剤の化学的組成を変化させているため、検出をより困難にしている。2010年から2015年にかけてオピオイドが氾濫しているオハイオ州モンゴメリー郡(郡庁所在地、デイトン市)では、偶発的な薬物過剰摂取による死亡は2015年の249人から2016年の349人へ1年間で40%増加し、未調整の死亡率は10万人あたり57.7人と推定された。IMFは全国で検視官オフィスおよびその他の医療や刑事司法制度において実施される日常的な毒物検査の一部ではなかったため、現在の発生におけるIMF試験結果のデータには限界がある。ライト州立大学とモンゴメリー郡検視官オフィス/マイアミ バレー地域犯罪研究所は国立衛生研究所と協力し、2017年1月~2月にオハイオ州25郡の偶発的な過剰摂取の死亡者281例において、フェンタニル類似体と代謝物およびその他の薬剤を同定した。死亡者の181例(64.4%)は男性、白人は91.5%で、約半数(57.7%)の死亡が25~44歳で生じた。全体でフェンタニル、アクリルフェンタニル、フラニルフェンタニル、カルフェンタニルの陽性率は、各90.0%、48.4%、31.0%、7.5%であった。医薬品のオピオイドは症例の23%、ヘロインは6%の症例で検出され、アパラチア郡でヘロイン関連の死亡率が高かった。死亡者の大半にて複数のフェンタニルに対し陽性反応があった。2014~2016年のオハイオ州と他州のデータとを比較し、偶発的な薬物過剰摂取による死亡者ではIMFが占める割合がますます増加し、ヘロイン、医薬品のオピオイドは減少していることが示唆された。医療、薬物乱用治療、刑事司法の状況で使用される生体試料のための標準的な毒物学パネルの一部として、IMFの検査を含める必要がある。

References

  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • CDC. Increases in fentanyl drug confiscations and fentanyl-related overdose fatalities. HAN health advisory. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <https://emergency.cdc.gov/han/han00384.asp>
  • Peterson AB, Gladden RM, Delcher C, et al. Increases in fentanyl-related overdose deaths—Florida and Ohio, 2013–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:844–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533a3>
  • Carlson R, Li L, Daniulaityte R. Montgomery county poisoning death review, 2010–2016. Dayton, OH: Public Health, Dayton & Montgomery County; 2017. <http://www.phdmc.org/epidemiology/poisoning-death-review>
  • Somerville NJ, O’Donnell J, Gladden RM, et al. Characteristics of fentanyl overdose—Massachusetts, 2014–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:382–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6614a2>
  • Burns G, DeRienz RT, Baker DD, Casavant M, Spiller HA. Could chest wall rigidity be a factor in rapid death from illicit fentanyl abuse? Clin Toxicol (Phila) 2016;54:420–3. <https://doi.org/10.3109/15563650.2016.1157722>
  • European Monitoring Centre for Drugs and Drug Addiction. Risk assessment report on a new psychoactive substance: N-(1-phenethylpiperidin-4-yl)-N-phenylacrylamide (acryloylfentanyl). Brussels, Belgium: Council of the European Union; 2017.
  • Klar SA, Brodkin E, Gibson E, et al. Notes from the field: furanyl-fentanyl overdose events caused by smoking contaminated crack cocaine—British Columbia, Canada, July 15–18, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1015–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6537a6>
  • Goggin MM, Nguyen A, Janis GC. Identification of unique metabolites of the designer opioid furanyl fentanyl. J Anal Toxicol 2017;41:367–75. <https://doi.org/10.1093/jat/bkx022>
  • Marinetti LJ, Ehlers BJ. A series of forensic toxicology and drug seizure cases involving illicit fentanyl alone and in combination with heroin, cocaine or heroin and cocaine. J Anal Toxicol 2014;38:592–8. <https://doi.org/10.1093/jat/bku086>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ