一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)国勢調査地域によるメサドンを除く合成オピオイドとヘ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/09/01Vol. 66 / No. 34

MMWR66(34):897-903
Trends in Deaths Involving Heroin and Synthetic Opioids Excluding Methadone, and Law Enforcement Drug Product Reports, by Census Region — United States, 2006–2015

国勢調査地域によるメサドンを除く合成オピオイドとヘロインが関与した死亡の傾向と法執行機関のドラッグ製品報告 ― アメリカ、2006~2015年

オピオイドの過剰摂取による死亡は1999年の8,050件から2015年には33,091件へ4倍に増加し、2015年にはアメリカでの薬剤過剰摂取による死亡の63%を占めた。2010~2015年には、ヘロインの過剰摂取による死亡は3,036件から12,989件へ4倍に増加している。ヘロインおよび違法に製造されたフェンタニル(IMF)の供給量の急増は、死亡の増加に寄与する可能性が高い。CDCは、ヘロインまたはメサドンを除く合成オピオイド(すなわち、合成オピオイド)が関与する不慮の死亡および不審死の傾向を2006~2015年の4つの米国国勢調査地域別に調べた。また、法執行機関により押収され、Drug Enforcement AdministrationのNational Forensic Laboratory Information System (NFLIS)に報告された薬物証拠品(ドラッグ製品)についても調査した。ヘロインが関与した死亡率は、2006年~2015年に全国的に4つの国勢調査地域すべてで増加した。すべての地域でヘロインが関与した総死亡数は2010年~2015年の間に2006~2009年よりも急激に増加し、2010年から2015年にかけて北東部および南西部では最大の増加を認め、人口10万人あたりの死亡の平均年間増加はそれぞれ1.02人、0.89人であった。ヘロインのドラッグ報告の傾向は、ヘロインが関与した総死亡数を反映しており、2006年から2015年の間に全地域で全体的に増加した。南部と西部では、2010~2015年のヘロインの報告率が2006年~2009年よりも大きく増加し、対照的に、北東部および中西部では、2006~2015年にヘロインの報告率が安定的に増加した。また、2013年から2015年の間では、ヘロインを含まない合成オピオイドが関与した死亡率は、北東部、中西部、南部でヘロインよりも速い速度で増加した。合成オピオイドが関与した死亡率のパターンを反映して、フェンタニルの報告率は、2006~2012年のレベルを維持した後、2013年から全国的に大幅に増加した。アメリカの非合法ドラック市場におけるこれらの広範な変化は、非合法ドラッグの追跡およびヘロインまたはIMFの使用者および使用リスクの高い集団を対象とした公衆衛生的介入の強化に、差し迫った必要性があることを強調している。

References

  • Rudd RA, Seth P, David F, Scholl L. Increases in drug and opioid-involved overdose deaths—United States, 2010–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1445–52. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm655051e1>
  • Drug Enforcement Administration. 2016 national drug threat assessment summary. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/resource-center/2016%20NDTA%20Summary.pdf>
  • Jones CM, Logan J, Gladden RM, Bohm MK. Vital signs: demographic and substance use trends among heroin users—United States, 2002– 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:719–25.
  • Drug Enforcement Administration. Counterfeit prescription pills containing fentanyls: a global threat. DEA intelligence brief. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2016. <https://www.dea.gov/docs/Counterfeit%20Prescription%20Pills.pdf>
  • Gladden RM, Martinez P, Seth P. Fentanyl law enforcement submissions and increases in synthetic opioid-involved overdose deaths—27 states, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:837–43.
  • <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533a2>
  • Somerville NJ, O’Donnell J, Gladden RM, et al. Characteristics of fentanyl overdose—Massachusetts, 2014–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:382–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6614a2>
  • Compton WM, Jones CM, Baldwin GT. Relationship between nonmedical prescription-opioid use and heroin use. N Engl J Med 2016;374:154–63. <https://doi.org/10.1056/NEJMra1508490>
  • Drug Enforcement Administration. DEA issues nationwide alert on fentanyl as threat to health and public safety. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2015. <https://www.dea.gov/divisions/hq/2015/hq031815.shtml>
  • Harruff RC, Couper FJ, Banta-Green CJ. Tracking the opioid drug overdose epidemic in King County, Washington using an improved methodology for certifying heroin-related deaths. Acad Forensic Pathol 2015;5:499–506. <https://doi.org/10.23907/2015.055>
  • Daniulaityte R, Juhascik MP, Strayer KE, et al. Overdose deaths related to fentanyl and its analogs—Ohio, January–February 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:904–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ