一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)CDC Grand Rounds:難聴および危機的・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/25Vol. 66 / No. 33

MMWR66(33):888-890
CDC Grand Rounds: Newborn Screening for Hearing Loss and Critical Congenital Heart Disease

CDC Grand Rounds:難聴および危機的先天性心疾患の新生児スクリーニング

新生児を対象とした難聴および危機的先天性心疾患(CCHD)のスクリーニング検査の現状に関する報告。アメリカでは永久難聴は新生児1,000人あたり約1.6人に認められる。1990年代に設立された聴覚障害の早期発見および早期介入(EHDI)は、州および連邦レベルにて「1-3-6」プラン(1:すべての新生児を対象に生後1カ月までにスクリーニングを行う、2:スクリーニングを通らなかった乳児を対象に生後3カ月までに聴覚の検査を行う、3:難聴と診断された場合、生後6カ月までに適切な介入を行う)を実施するものであり、2000年代初めにはすべての州に拡大し、技術的援助、家族に対する支援、データ追跡などが行われている。2000~2014年にて新生児のスクリーニング検査率は52%から97%未満に増加し、スクリーニング後の診断例も855例から6,163例に増加した。2005年以降、各州はCDC Hearing Screening and Follow-up Surveyに推奨されるサービスを受けることになった新生児の数を報告しており、2005年~2014年にてスクリーニングに失敗し、州のEHDIプログラムにより診断評価を完了した新生児は30%から58%に増加した。難聴と確診された新生児のうち早期介入プログラムの実施は58%から65%に増加し、追跡不能または書類紛失となった新生児の数は減少した。また、データの標準化を改善するため、EHDI Information System(EHDI-IS)が設立されている。CCHDのスクリーニングは非侵襲的パルス酸素濃度計に依存しており、診断は専門家により行われる。CCHDは新生児1,000人あたり約2人に認められる。スクリーニング検査は2011年、ニュージャージー州にて導入され、2016年には48州において法律または政策として実施されているが、まだ設立初期であり、連邦の補助金はなく、スクリーニングデータの集計や分析は行われていない。ニュージャージー州は2001年8月31日より州内すべての出産施設にてCCHDスクリーニングを開始、スクリーニングを通過しなかった新生児はCCHDの確診後、救命手術が行われ、良好な転帰を得ている。また、New Jersey Birth Defects Registryを設立し、各施設からの報告および情報を収集、月1回スタッフがレビューし、各施設とともに症例を追跡し、データベース化を実施している。

References

  • CDC. CDC Grand rounds: newborn screening and improved outcomes. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:390–3.
  • Williams TR, Alam S, Gaffney M. Progress in identifying infants with hearing loss—United States, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:351–6.
  • Vohr B, Jodoin-Krauzyk J, Tucker R, et al. Expressive vocabulary of children with hearing loss in the first 2 years of life: impact of early intervention. J Perinatol 2011;31:274–80. <https://doi.org/10.1038/jp.2010.110>
  • Wake M, Ching TY, Wirth K, et al. Population outcomes of three approaches to detection of congenital hearing loss. Pediatrics 2016;137:e20151722. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-1722>
  • Keren R, Helfand M, Homer C, McPhillips H, Lieu TA. Projected cost-effectiveness of statewide universal newborn hearing screening. Pediatrics 2002;110:855–64. <https://doi.org/10.1542/peds.110.5.855>
  • Schroeder L, Petrou S, Kennedy C, et al. The economic costs of congenital bilateral permanent childhood hearing impairment. Pediatrics 2006;117:1101–12. <https://doi.org/10.1542/peds.2005-1335>
  • Grosse S. Education cost savings from early detection of hearing loss: new findings. Volta Voices 2007;14:38–40.
  • Govindaswami B, Jegatheesan P, Song D. Oxygen saturation screening for critical congenital heart disease. Neoreviews 2012;13:e724–31. <https://doi.org/10.1542/neo.13-12-e724>
  • Peterson C, Grosse SD, Glidewell J, et al. A public health economic assessment of hospitals’ cost to screen newborns for critical congenital heart disease. Public Health Rep 2014;129:86–93. <https://doi.org/10.1177/003335491412900113>
  • Peterson C, Grosse SD, Oster ME, Olney RS, Cassell CH. Cost-effectiveness of routine screening for critical congenital heart disease in US newborns. Pediatrics 2013;132:e595–603. <https://doi.org/10.1542/peds.2013-0332>
  • Glidewell J, Olney RS, Hinton C, et al. State legislation, regulations, and hospital guidelines for newborn screening for critical congenital heart defects—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:625–30.
  • CDC. Newborn screening for critical congenital heart disease: potential roles of birth defects surveillance programs—United States, 2010–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:849–53.
  • CDC. Rapid implementation of pulse oximetry newborn screening to detect critical congenital heart defects—New Jersey, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:292–4.
  • Oster ME, Aucott SW, Glidewell J, et al. Lessons learned from newborn screening for critical congenital heart defects. Pediatrics 2016;137:e20154573. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-4573>
  • Boyle CA, Bocchini JA Jr, Kelly J. Reflections on 50 years of newborn screening. Pediatrics 2014;133:961–3. <https://doi.org/10.1542/peds.2013-3658>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ